ジャネットジャクソンの鼻が整形で崩壊?!【画像】整形を繰り返す理由や性癖について

ジャネット・ジャクソンが整形を繰り返す理由

僕は整形をしたことがないので、
整形をする方々が、どのような
動機でなさるのかは、
あまり理解できないでいるのですが、

韓国などでは、プチ整形くらいなら
誰でもやっているという感じで、
瞼を二重にしたり、唇に
ふくらみをもたせたり、中には顔の
輪郭を変えたりだとか、
さほど、抵抗感なくしている方々が
多いようですね。

ただ、はっきりとしていることは

今の自分に満足していないから
もっと美しくなりたいから

というのは動機として、確かですよね。
今の自分に満足しているなら、
今の自分の顔をいじる必要性は感じないですもんね。

ジャネット・ジャクソンが鼻を整形するのも
何かしらの現状への不満があり、
整形をするということが、
優越感を得る、充足感を味わいたいという
気持ちの現れなんでしょうね。

複数の男性との恋愛と破局、
そして、尊敬していた
兄のマイケル・ジャクソンの
突然死。

これらによる、精神的なダメージは
大きかったでしょうね。
その前後から、体重の増減の変化が
著しいですし、食生活の乱れ、
自身が表現していた「監獄のような」
結婚生活でのストレスなど、

多くの問題を抱えていた現れ
なんでしょうね。

50歳を越えての、超高齢出産。
30代を越えての子育てでも、
体力的に難しい、と言われているくらい
なのに、50歳をこえて、加齢とともに
今までセレブの生活、独身生活
を謳歌してきた、ジャネット・ジャクソン
にとって子育ては、簡単ではないはず。

いろんな要素が重なって、
ストレスのはけ口、
または、何かしらの自己表現
自己顕示欲の現れとして
整形を繰り返しているのでは
ないでしょうか。

「美しくなりたい」
「注目されたい」という
動機、欲というものは
誰しもが持っているものですし、
それ自体はいいものですよね。

けれども、周りから「不自然」
と思われてしまうほどの、整形や
太ったり、痩せたりの繰り返しは、
やはり、精神的にかなり疲れ
が溜まっている、と判断できるのかも
しれませんね。

スポンサードリンク

ジャネット・ジャクソンは同性愛、バイセクシュアルか

ある時期を境に、ジャネットジャクソンは、
同性愛やバイセクシュアルなどのテーマを取り上げて
アルバムをリリースしたり、チャリティーイベントなどに
積極的に関わるようになっています。

実際のところはどうなのかはわからないのですが、
ひょっとすると自身もそのような傾向、経験
などがあってのことなのかもしれませんね。

これは、非常にデリケートな分野であり、
一長一短と言いますか、人権に関わるテーマで
あるため、表現が、難しいのですが、

いろんな報道から推測するに、
ジャネットジャクソンも、
「ドメスティック・バイオレンス」
に近い言葉の暴力を結婚生活の中で
受けていた可能性がありますね。

兄であるランディの証言によると、

「かなりの痛みがある。ジャネットは離婚でたくさんのことを抱えている」「虐待といえる状況だった。2人の関係の終わりのほうでは、言葉の暴力があり、(彼女は)自分の家で囚人になったように感じていた。妊娠した女性が毎日、ビッチって呼ばれる必要はないだろ。そういうことがあったんだ」

                             引用:https://www.barks.jp/

実際に、2017年9月に開催された米ヒューストンでの公演で
ドメスティック・バイオレンスをテーマにした
「What About」をパフォーマンスした際に、
ジャネットが急に泣き出し、涙声で「これは私よ。」
とつぶやいたそうです。

そういった意味で、いろんな複雑な
経緯を経て、また社会的な批判などにも
晒される、同性愛、バイセクシュアル、
ドメスティック・バイオレンスに関わる
人々を助け、励ますそんな活動を
積極的に展開しているのかもしれませんね。

でも、第3者から見ていると
なんだかとても心痛い感じがしますね。
離婚したということですから、
もうそういった暴力からも
解放されて、愛する息子と
平和な日々を過ごすことができれば
いいのですが。

まとめ

ということで、今回は

1.ジャネット・ジャクソンについて

2.ジャネット・ジャクソンの鼻の過去と現在【画像】

3.ジャネット・ジャクソンが整形を繰り返す理由

4.ジャネット・ジャクソンは同性愛、バイセクシュアルか

について記事にしました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク