大野智はなぜ宮古島へ?転居理由や復帰の可能性と自由な生活の意味

2019年国民的アイドルグループ嵐の
解散記者会見がなされてから2週間が経ちます。

嵐のリーダーである大野智さんの
何事にも縛られない自由な生活がしたい」という
発言に嵐活動休止の主な理由が込められているわけですが
そのリーダー大野智さんの求める「自由な生活」とは
一体何なのでしょうか。

また、宮古島への転居の噂もありますが
そのあたりの真相や理由についても
調べていこうと思います。

大野智プロフィール

現時点で、嵐リーダー大野さんを知らない方は
日本国内にはおられないとは思いますが、
以下に簡単なプロフィールを
紹介しておきます。

出典:https://all.instagrammernews.com/

プロフィール

名前:大野智(おおのさとし)

本名:同上

生年月日:1980年11月26日

年齢:38歳

出身地:東京都/日本

身長:166cm

血液型:A型

職業:アイドル・歌手・俳優・タレント 

出演ドラマ:「魔王」「歌のお兄さん」「0号室の客」「怪物くん」「もう誘拐なんてしない」「鍵のかかった部屋」「今日の日はさようなら」「死神くん」「世界一難しい恋」

嵐活動結成日:1999年9月15日 

嵐活動休止予定日:2020年 

活動期間:約20年

リーダである理由

ふと、なぜ大野智さんがリーダーをしているのかと
疑問に思いましたが、これは単純に嵐のメンバーの
中で最高年齢が大野智さん
だからですね。

血液型

調べてみて初めて分かったのですが、
嵐のメンバーはほとんどのメンバーの
血液型がA型です。(相葉雅紀さんだけAB型)

いつから辞意を?

ファンにとって気になるのが、
大野智さんがいつ頃から嵐やめたいと
思うようになったのかということですが、

2006年から2009年までの約3年間
実は嵐をやめようと考えていたと
本人が語っています。

2014年に放映されたNHK特番
「嵐 15年目の告白~LIVE&DOCUMENT~」
の中で大野智さんは「自分が『嵐』であることに
悩んでいた。」とその頃の心境を語っています。

2006年~09年といえば、初となるアジアツアーを挙行(06年)、さらに現在まで続く冠番組「VS嵐」(フジテレビ系)がスタートし(08年)、NHK紅白歌合戦にも初出場を果たすなど(09年)、その活躍の場が急速に拡大し、現在のような国民的アイドルの地位へと大きく前進したタイミングだ。そんな時期に、3年近くにわたり、リーダーの大野さんが「脱退」を思い悩んでいた――。

引用:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12144-174910/

2019年の1月27日の嵐活動休止宣言の声明文によれば、
今回の嵐活動休止はリーダーである大野智さんが
2017年6月に「自分の嵐としての活動は終えたい」
とメンバーに切り出したことが発端となります。

つまり、嵐結成後大野智さんが辞意を
抱いたのは2006年から2009年、そして
2017年〜という長期に渡って2度ということに
なります。

けれども実は、Wikipediaの情報によりますと、
嵐が正式に結成される前に
大野智さんは2度事務所に辞意を伝えていたそうです。

大野はそれまでに二度、事務所に辞意を伝えており、レコーディングは「手伝ってほしい」と言われて参加、ハワイへ行くのは手伝いのご褒美だと思っていた。(中略)デビュー当時は、5人中3人がデビューに対して後ろ向きだった。・・・

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/嵐

それを含めると、この20年の間に大野智さんは少なくとも
4度は嵐を、もしくはジャニーズをやめようとの思いを心に抱いていた
ということになります。

これは意外に感じるファンの方も
多いのではないでしょうか。

ファンや国民が抱くイメージと、
人気絶頂のアイドルが秘める思いとは
得てして違うものなんですね。

スポンサードリンク

大野智なぜ宮古島へ

実は大野智さんは嵐活動休止後に
宮古島へ転居するのではないかという
噂が取り沙汰されています。

それは大野智さんが宮古島を
非常に愛しており、その地を
頻繁に訪れているということから
そのように考えられていると言います。

まだ嵐が活動休止するまで
2年ありますし、実際に大野智さんが
宮古島へ移住するかどうかは決定している
わけではないのですが、
いくつかそう思える根拠を挙げていきます。

ハワイよりも沖縄

15歳の時に初めて沖縄を訪れた大野智さんは
今まで見たこともない透き通った海の美しさに
非常に感動されたようです。

彼が15歳といえば、今からもう23-4年前
のことですね。まだ嵐が結成される前です。

その思春期の多感な時期に魅せられた沖縄の海
が彼の心を掴んで離さなかったのでしょう。

大野智さんが30歳だった2010年7月27日、
FMラジオの中で沖縄の海の魅力について
語っています。

海に潜ってウニやサザエを採り
日焼けを気にして何度も何度もSPF50の
クリームを塗ったにも関わらず
真っ黒に日焼けしてしまうほどに
海に潜り、帰ってからジャニーズ事務所に
怒られたとか・・。

毎年のように、わずかなオフの間には
沖縄特に宮古島へ足を運んでは
釣りや素潜りを楽しんでいたそうですよ。

そして、ハワイもいいけどやっぱり
沖縄が好きと語っています。

1年に1回だけ行けたとしても、15歳から
毎年行っている計算だと、ざっと20回以上は
沖縄へ行っている
ということになりますね。

そこまで沖縄(宮古島)の海へ魅せられているのなら
嵐の活動後、宮古島へ転居してもなんら不思議はない
ということになりますよね。

これは言うまでもありませんし、先述していること
ですが、大野智さんは海が大好きで、特に沖縄の海が
非常に気に入っているそうです。

中でも、嵐の脱退を考えていた時や、
それを思いとどまった2009年には
宮古島へしばらく滞在しており
その時に気分がリフレッシュして
再度アイドルを継続する思いになったんだとか。

それくらい、大野智さんにとっては
心を一新させるほどに
宮古島での時間がリラックス、リフレッシュ
になるんでしょうね。

地理・語学

もちろん外国にもたくさんの綺麗な海
がありますが、何と言っても大野智さんは
日本人ですし、生活するとなるとやはり
英語圏よりも日本語が自由に使える国内に
とどまりたいと考えるのは普通ですよね。

釣り

大野智さんは無類の釣り好きだそうで、
幼稚園の5才頃に初めて釣りを体験し、
それから2007年の大野智さんが20代後半あたり
本格的に釣りにハマって、番組企画の範囲では
ありましたが、二級小型船舶免許をとり
自分でどこでも船で釣りに行ける資格をとるほど
になりました。

  • 釣りが大好きで、
  • 自分が魅せられた海と出会い、
  • そして船の免許も持ち、
  • のんびり暮らせるだけの十分な蓄えがある。

そうなってくるとあと必要なのは、
「時間」「機会」ということになりますよね。

時間

あと、大野智さんにとってどうしても欲しいもの
それは「自由な時間」ということになるのではないでしょうか。

大野智さんにとっては、「何にも縛られないで自由に生活がしたい」
という願望の中にもちろん「時間」もはいっていることでしょう。

これまで超多忙に、事務所やマスコミ、世間の期待に
答え続けてきた大野智さんですから、やっぱり
何にも考えずゆっくりと過ごす「休息の時間」
というものがどうしても必要だったのではないでしょうか。

「彼は無類の釣り好きなんです。幼稚園のころに初めて体験して、本格的にハマったのは07年ごろ。昨年4月には番組企画内で二級小型船舶免許をとり、釣った魚をさばくのもプロ級だとか。釣りをしているときの大野さんは、何も考えずただただボーっとしているそうです。きっと彼が唯一“リーダーの重圧”から解放される時間なのだと思います」(芸能関係者)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190212-00010001-jisin-ent

それは数日のオフではなく、もっと長期的な休息でなければ
大野智さんにとっては満足できないどうしても必要な
期間なのかもしれませんね。

大野智の求める「自由な生活」とは

大野智さんが辞意を抱いている
その本心、理由の確信は、
「自由な生活がしたい」という
思いで一貫しています。

なぜ自由な生活がしたいのか、
これに関しては個人の感性であり個性
と感じ方であり本能的なものでしょうから
なぜと聞かれても本人は困ってしまうかも
しれませんが、

一貫してずっと感じていたということですから、
本来的には大野智さんという人物は
ある「組織」の中よりも、「個人」規模で
活動することに生きがいを感じるタイプなのでしょうね。

性格

例えて言うなれば、どうしてもサラリーマンになれないので
起業して、個人事業主として会社をやっていく人の
感情に似ているかもしれませんね。
独立心が強い性格なのかもしれません。
またまた逆のあまり出世や社会的な成功に
興味がない感じの「のんびり屋」さんなのかもしれません。

ただ、こういった思いを抱きながら活動を続けることに
「申し訳ない」という思いが募っていたようで、
ずっと葛藤していたそうです。

そういったことからも、メンバーやファンを
大切に思う大野智さんの優しい性格が垣間見れますね。

ジャニーズの特性

大野さんは上にあげました、2014年のNHK特番で
辞意をメンバーに打ち明ける時、

「この仕事をしていたら、できないことに
興味を持ち始めちゃった。」

と語っています。この発言にいろんなことが
込められているような気がします。

いくら大人気を誇るアイドルとはいえ、
一人の人間ですから、
ジャニーズ特有の「ルール」の中に
縛られることで本来当たり前のようにできる
「自主性」「主体性」が制限されてしまう環境
がどうしてもあるのでしょうね。

  • 長期の休みが取れない
  • 海外を放浪することができない
  • 自由な時間が持てない
  • 恋愛にも制限がある
  • 人の目を常に意識しなければならない
  • アイドルグループのリーダーとしての期待がある

大野智さんは、ずっとそのようなプレッシャー
と「枠組み」の中で苦しんでいたのかもしれませんね。

経済

大野智さんは嵐のキャリアとしては
20年程ですが、そのキャリアの中で
一体どのくらい稼いでこられたのでしょうか。

ネット上での情報によりますと
嵐のメンバーの年収に関しては、
2000万円台という人から、
億は超えるはずと主張する意見も
あり、その額にかなり開きがありますので
性格な年収額に関しては明記することはできませんが、

嵐がグループで24時間テレビに出演した際の
ギャラが5000万円と言われていますし、
単純計算して1人につき1000万円という
ことになります。

さらに、ジャニーズのトップアイドルとして
ドラマやテレビの出演には
1本あたり300万円のギャラが入るとか。

そういった枝葉の情報を加味すると、
だいたい数千万円の年収はあると
考えるのが妥当ではありますね。

ただ、ここで押さえておきたいのは、
全てのギャラがメンバー一人一人に
還元されるわけではない。

という点ですね。

実は嵐はグループでは年間140億円以上
総売上と言われてますが、実はジャニーズ事務所は
基本的に給料制で、どれだけ多忙な売れっ子
アイドルであったとしても
ある程度の年収制限があるようですね。

それでも、年間にして数千万稼ぐとなると
それを20年あまり継続させてきた大野智さんですから
今仮にグループを脱退したとしても
一生のんびり食べて暮らせるだけのお金は
持っている
ことは確かでしょう。

なので大野智さんの語る「自由」の中に
経済的な自由があることは言うまでもありません。
自由に使えるお金があるからこそ、
自由なことができるわけですからね。:-)

今までは、お金があったとしても
それを「自由に」使う機会が
なかったわけですから、大野智さんに
してみればなんのために稼いでんのかわからない
という状態だったのかもしれません。

もしくは、大野智さんは最初から
それほど金銭欲というものがなかったと
考えることができます。

ある程度お金があれば、それ以上
あくせく働きながら稼ぐ必要性も
ないと思っていたのではないでしょうか。

恋愛・結婚

アイドルが恋愛・結婚禁止というのは
よく聞く話ですね。

AKB48のような10代の女性アイドルグループ
とまではいきませんが、男性アイドルの
ジャニーズもかなり恋愛・結婚に関しては
制限があるイメージですよね。

もちろん事務所オッケーで公表される
こともありますが、ジャニーズの婚期が
所属しているが故に高齢化していることは
確かです。

そして国民的アイドルでもある嵐の恋愛・
結婚となると否が応でもマスコミや世間が
黙ってはいないですよね。

大野智さんいとってはそういった、
ある意味自然な人間としての営み
さえも制限されてしまっているような
息苦しさ、所在悪さ、縛られている感覚
があったのでは無いでしょうか。

「何にも縛られず、自由な生活がしたい」

という大野智さんの発言の中には
ファンの前では決して言うことができない
そのような思いも込められているように
思うのは私だけでしょうか。

スポンサードリンク

大野智は復帰するのか

国民の願い

もちろん日本国内には、大野智さんの
熱烈ファンがものすごい多くおられるでしょうし、
国民的アイドルの嵐の活動休止は
NHKのトップニュースにもなるくらいですから
国民レベルの関心ごとであるはずです。

その嵐が活動を休止したあとしばらくして
復帰するとなると、涙を流して喜ぶ人も
大勢いることでしょう。

大野智さん個人の思いは?

もちろんこれは直接本人に訪ねたわけではないので
はっきりと断言することはできませんが、

本人も今自分の気持ちを探りながら
悩みつつ決断して今後のことに関しては
とりあえず考えないというのが
今の心境ではないでしょうか。

ある意味、青春時代から40手前まで
ひたすら走り続けてこられて、
いわば、第2の人生を迎える転換期とも
言える時期ですから、これまでの自分の
歩みを振り返って、

「本当にこのままでいいのかな。」
とふと立ち止まりたくなったのかもしれませんね。

実は心理学的にも40歳から65歳という年齢は
中年期と言われており、身体的、社会的、家庭的、
心理的にも変化の多い時期となるそうです。

  • 安定と不安定
  • 若さと老い
  • 獲得と喪失

などが共存する時期で、これまで自分が積み上げてきたものを
問い直し、大きな生涯発達をする人生の移行期だそうです。

大野智さんも40歳を手前にして
言葉では表現できないそういった
内心の心理的変化を感じたのかもしれませんね。

ただ、人は環境がガラッと変わっても
3ヵ月くらいすると、やはりその生活に
何かしらなれたり、マンネリ化するそうで、

暇になったら暇になったで
忙しくしていた嵐時代を振り返り
やはりあれもよかったな。なんて
思うこともあるかもしれませんね。

そういった意味で
「嵐解散」ではなく、
「嵐活動休止」となっているので、
数年もしたら復活する予感は個人的にはしていますね。

まとめ

ということで、かなり長編にはなりましたが、
今回は嵐の活動休止を受けて、
リーダーの大野智さんの宮古島転居の根拠などについて
色々な角度から考察してみました。

まとめると、

  1. 嵐の活動休止の一番の理由はリーダー大野智さんの辞意
  2. 大野智さんは今までで4度ほど事務所を離れようと思ったことがある
  3. 辞めたい理由は「自由な生活がしたい」ということ
  4. 自由な生活の定義は様々
    「組織」「決断」「恋愛・結婚」「お金」「時間」など
  5. その中でも大野智さんが一番求めているものは「時間」
  6. 大野智さんは宮古島へ魅せられている
  7. 嵐は解散ではなく「活動休止」
  8. なので何年後かに復帰する可能性もあり

ということになります。

何れにしても今後の嵐の動向にも注目しつつ
静かに陰ながら応援したいと思いますね。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク