藤岡中央高校の場所やグランド見取り図(画像)事故はなぜ起きた?防止対策も

こんにちはtakuです。
高校2年生の学生が
陸上競技用のハンマーが
頭部にあたり死亡してしまった
というニュースが飛び込んできました。

なぜそのような痛ましい事故が
起こってしまったのでしょうか。
練習場の方法や、配置、
グランド整備に何かしらの
問題はなかったのでしょうか。

事故のあった藤岡中央高校について
調べてみました。

スポンサードリンク

事件(事故)の概要

群馬県藤岡氏の県立藤岡中央高校で
20日サッカー部で高校2年生の
大広一葉さん(17)が
練習中に、陸上部のハンマーが
頭部に直撃し、死亡しました。

部活の練習ですから、日常的に
そのような光景を見ることが
できるはずです。

身に危険を覚えた学生や
コーチ教員は今までいなかった
のでしょうか。
事故があってからでは
何を行っても後の祭りですが、
本当に痛ましい残念な事故です。

藤岡中央高校の場所

住所

藤岡中央高校は
〒375-0015 群馬県藤岡市中栗須909番地
にある高等学校です。
埼玉県と群馬県の県境に位置しています。



Google map

藤岡中央高校のグランド見取り図(画像)

出典:https://mera.red/

報道では、サッカー練習場所と
陸上のハンマー練習場所は
離れていたということですが、
この画像を見る限りでは
なんのフェンスもなく
確かに、ボール拾いなどに
行っていたとしたら、
かなりの危険がありそうですね。

そして、45mも飛ぶハンマーですから
投げる当事者は、ぐるぐる回転しながら
思いっきり投げるわけで、
投球モーションに入る段階では
グランドにいる人を
確認することは難しいと思いますね。

スポンサードリンク

予防はできなかったのか

距離の問題ではなく、
絶対に同じ場所ではなく
物理的にこのような被害
事故が起こり得ない状況
危険予測をする必要があると
強く思わされました。

この被害にあった学生の
ご遺族の方々に心から
お悔やみ申しあげます。

記事を読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク