マイケルエリクソン社長の経歴プロフや年収が気になる!5Gって何?

こんにちは。今回エリクソン社の
通信障害の不具合により多くの被害が
ありましたね。いつもどれほど携帯に
依存しているのかがわかりましたね。
不便で仕方がなかったです。

エリクソン社の社長であるマイケルエリクソン
について調べてみることにしました!

スポンサードリンク

マイケルエリクソン社長の経歴プロフ

プロフィール

名前:マイケル・エリクソン

本名:Mikael Eriksson

生年月日:1973年生まれ

年齢:45歳

出身地:スウェーデン

身長:不明(結構高め?)

学歴:スェーデン王立工科大学(電子工学部修士号)

職業:エリクソン社代表取締役

1998年にエリクソングローバル本社に入社し
3年後の2001年以降は北東アジア地域で事業に
従事しコミュニケーションサービス業や
IPマルチメディアサブシステム(IMS)の
ジギョウセンリャク、中国における
プログラムオフィス事業部の責任者など
多様な業務に携わりリーダーシップを発揮しており
2015年に日本におけるエリクソン社の社長に
就任しました。

そして同日づけでソフトバンク事情統括
本部長やソフトバンク事業グローバル
統括本部の代理責任者にも着任しました。

そのほかにも、エリクソンの香港法人で
LTEの単独サプライヤー契約の締結にも
成功するなど、ビジネス手腕をいかんなく
発揮している現在ノリに乗った敏腕経営者
といったところでしょうか。

詳しい情報は入手できませんでしたが、
エリクソンという名前や、45歳という
若さもあることから、おそらくスウェーデンの
本社の社長の息子何でしょうね。

エリートですね。今後の活躍も
非常に気になるところです。

気になる年収ですが、今世界的に
活躍する通信技術サービスを提供する
大手企業のグローバルマネージメントを
統括する人ですから、
年収数千万は普通に稼いでいるでしょうね。

羨ましいですね!

実は日本のエリクソン社には社長が
二人います。

もう一人はこちら

野崎晢の経歴プロフ

スポンサードリンク

エリクソン社の5G戦略について

5G(第5世代通信)は従来の無線通信規格と
一体何が違うのかというと、自動車や運輸、
農業といった幅広い企業が実験に参画している
ということだそうですね。

エリクソンは世界の通信事業者や研究機関などと5Gの実験を進めているという。従来の無線通信規格の進化との違いは自動車や運輸、農業といった幅広い企業が実験に参画していること。エリクソン日本法人の野崎哲社長は「産業界の5Gへの注目が高まっている」と指摘する。

引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22455880Z11C17A0X1F000/

つまり、掘削機の無線操作や自動車の自動操縦化などの
可能性が出てくるということですね。

農業界だけでなく、日本のテレビ市場の放送のあり方も
これにより大幅に変化する可能性があり、
地上波のテレビ放送が一斉にインターネットでも
常時同時配信される可能性も出てくることから
今後2026年までにこの5Gのビジネスは通信事業関連
の市場売上高は34%増になるとの見方がされています。

今回、ソフトバンクユーザーの携帯が 一斉に使えなくなった不具合(通信障害) に関して、エリクソンの通信ソフトの不具合が 原因ということで今話題になっていますよね。 ...

まとめ

ということで今回は
今話題のエリクソン社の
社長についてや5Gのさわりについて
記事にしました。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク