生レンズの値段(価格)やコンタクトとの違いは?口コミや評判も気になる!

こんにちは。
皆さんは普段コンタクトレンズを使用されていますか?
私もワンデーのコンタクトレンズを使用しているのですが
目がゴロゴロしたり、乾燥したりといったことがあり
もっと裸眼みたいな付け心地のコンタクトレンズって
発売されないのかな?思っていました。

そう思っていた矢先、発売されたのです!
それが綾野剛さんがTVCMをされている、
日本アルコン「デイリーズ トータル ワン」です。

通常のコンタクトレンズとの違いは
なんなのでしょうか。
その辺りを調査してみたいと思います!

スポンサードリンク

生レンズと普通のコンタクトの違いは?

生レンズと言われても、どこが普通のコンタクトと違うのか。
気になりますよね?
調べてみることにしました。

普通のコンタクトレンズの含水率
(ソフトコンタクトレンズがどれだけ水分を含んでいるかの割合)は、
約40%~60%くらいのようで、
私が使用しているコンタクトレンズも含水率58%でした。

一方、生レンズは水分三層という
アルコンさん独自の設計で、含水率が100%!

とても潤いのあるコンタクトレンズ
ということが分かりますね。

しかし、コンタクトレンズ自体が
潤っているだけではダメなようです。

コンタクトレンズは、水分を吸っていく
性質があるようで、その性質で涙液まで吸い取られてしまい、
目が乾燥するとのこと。乾燥の原因って、これだったのですね!

そうすると疑問が出てきますよね?
それって普通のコンタクトレンズと変わらないんじゃないの…?
むしろ乾燥しやすくなるのでは…?

そうなのです!含水率だけではありません。

生レンズはもともと涙液に含まれいる
「フォスファチジルコリン」という成分によって、
油層を安定させて、涙液を蒸発するのを防いでくれるとのこと。

また、「シリコーンハイドロゲル」という
素材が中心部に使用されていて従来の
コンタクトレンズに比べて6倍の酸素を
目に送ることができるそう。

そして、含水率も高ければ高いほど乾燥しやすいと
先程お伝えしましたが、中心部は33%に抑えてあるようです。

僕自身はずっとソフトコンタクトレンズを
使用しているのですが、
コンタクトを四六時中していると
乾燥目の習慣がついてしまって

ソフトコンタクトを外した時でさえ、
朝起きた時などに乾燥しすぎて
目を開けれないこともま日のようにあります。

生レンズはそういった心配がない
むしろ本当にきめ細やかに
目をケアしてくれる画期的
商品ですね!

しっかり乾燥対策も考えての商品づくり
素晴らしいですね!
これなら安心ですね。

また、表面を滑らかにすることで眼との摩擦を軽減し、
快適な付け心地を作っているとのこと。

生レンズ、いろいろな工夫がされているのですね!

スポンサードリンク

生レンズの値段は?やっぱり高い?

そんなに快適なら生レンズ、
使ってみたいですよね!

だけど、毎日使うものだからお値段が気になります。

「デイリーズ トータル ワン」

現在、最安値がレンズモードさんの
1箱30枚当たり\2,890のようですね。

両目で使用と考えれば、1ヶ月\5,780と
安くはありませんが、これだけの高性能であれば
試す価値ありですね!

ちなみに、レンズモードさんは海外通販のため、
送料はかかってしまいます。

ただし、消費税はかかかりません。

他のサイトでも\3,000~\4,000代でしたので、
お値段が気になる方は、
まずは1ヶ月お試しで使用してみるのがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

生レンズの口コミ・評判は?

レンズの特徴や金額はわかりましたが、
やはり実際に使っている方の口コミが気になりますよね。

https://twitter.com/chiilogweb/status/1013030907895341056

本当に付け心地がいいみたいですね!
ただし、付け心地が良すぎて付けていることを忘れてしまい、
そのまま眠ってしまう方もいるようです。気をつけたいですね。
また、付け心地は良いものの、装着時や外す際が時間がかかるようです。

そもそもそんなリスクさえ追うのはいやだ!
どうしても裸眼で生活したいし
なんとか視力を回復したい!
なんて思う方のためには
以下のような新しい手術方法もありますね!

こんにちは。takuです。 タレントの指原莉乃さんが 永久コンタクトレンズ(ICL)の手術を 受けたことがニュースで報道 されました。 初めて聞く「永久コンタクトレンズ」 安全...

まとめ

いかがでしたでしょうか?

生レンズはコンタクトを付けていないみたいな感覚のレンズ。

装着時、取り外し時は少し時間がかかる。

¥3,000~¥4,000代と金額はややお高め。

口コミであったように、
つけていることを忘れてしまう生レンズ。
ぜひ、使ってみたいですね!
また、装着時や取り外し時の問題を解決したレンズも
これから発売されそうなので期待したいですね。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク