広河隆一(人権派)がなぜ?被害女性は誰で顔画像は?動機理由や家族子供の反応も!

こんにちは。
あの世界的に有名な人権派フォトジャーナリストの
広河隆一(75)がなんと女性への性的な嫌がらせ
セクハラや違法の撮影などにより訴えられている
という報道が週刊文春によって明らかにされています。

その実態と被害女性やことの真相について
調べることにしました。

スポンサードリンク

広河隆一の経歴プロフ

プロフィール

名前:広河隆一

本名:同上

生年月日:1943年9月5日

年齢:75歳

出身地:中華民国天津市

身長:不明

職業:フォロジャーナリスト、戦場カメラマン

2歳の時に出生の中華民国天津市から引き上げ
大阪で育ち、その後早稲田大学教育学部を卒業し
その後、戦場カメラマン、フォトジャーナリストとして

チェルノブイリ原発事故、エイズ問題などに
取り組み常に被害者の立場からフォトジャーナリストとして
人権問題に取り組んできており、世界的にも
非常に評価されていた凄腕カメラマン、ジャーナリスト
でしたので、今回の報道には驚いている方々も
多いのではないでしょうか。

広河隆一の性的な暴力疑惑について

世界中を飛び回り、
多くの被害にあった様々な諸問題をテーマに
被害者の目線でジャーナリストとして
活躍していた広川隆一さんだけに
この報道が確かだとすれば
非常にショッキングですよね。

スポンサードリンク

広河隆一の被害女性は誰?

一体この被害者は誰なのでしょうか。

現在のところわかっているのは、
広河隆一氏が編集長として働いていた
編集部のアルバイトの女性のようです。

それが誰なのかははっきりとは
現段階では特定できていませんが
広河隆一氏がカメラの手ほどきをしていた
人物のようです。

アルバイトということですから、
年齢はおそらく20代もしくは
30代などの駆け出しのカメラマン女性
ということになるのではないでしょうか。

しかもその女性一人ではなく、
なんと複数女性がおり、被害女性は
7人にものぼるというのだから驚きですね。

そしてその報道(取材)を受けて、
広河隆一氏は彼女たちは自分に
魅力を感じたり憧れたりしたのであって、
自分がコントロールしたのではないと
今でも主張しているといいます。

こっこまで来ると、さすがに
開き直ってるなという印象を受けてしまいますね。

スポンサードリンク

人権派の広河隆一氏がなぜ?動機理由は?

これは単純に広河隆一という
世界的に有名な政治ジャーナリスト、
戦争カメラマンとはいえ、

一人の人間だったということですね。
世間はイメージとして
人権派のフォトジャーナリストなら
人格的にもさぞ優れているに違いない
と勝手に想像、イメージしているだけで、
別にそれが絶対というのは
誰にも言えないことですよね。

お金や地位などを手に入れて、
若い女性からちやほやされたり、
権力や権威をかざすことのできる
環境に長く自分が居座ったら、

いつの間にかどんな要望や、
私欲も満たすことができると
勘違いしてしまったということでしょう。

本人は色々言い分もあるのかもしれませんが、
さすがに7人の証言があるというのは
言い訳するには難しい状況と言えるのでは
ないでしょうか。

広河隆一の今後や家族は?

もちろん広河隆一さんには奥様や
子供もいるわけですから、
今回の報道を知ったらさぞかしショックを
覚えるのではないでしょうか。

この七人の被害女性の証言などを含めて
詳しい文春の記事を本人たちが読んで、
ご家族がどのように感じるのかを
想像すると悲しい気持ちになりますね。。

まとめ

ということで、今回は人権派フォトジャーナリストの
広河隆一さんのセクハラ疑惑について記事にしました

詳しい情報が入り次第記事を
更新させていただきます

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク