白岩優奈のクラウドファンディングなぜそんなに早く集まるの?仕組みや種類解説!

by Instagram

フィギュアスケートの白岩優奈選手が資金調達システム
クラウドファンディングで寄付金600万円を目標額
として掲げたところ瞬く間に全額が集まったということです。

インターネットの仕組みってすごいですね!
なぜそんなにも早く集まったのか、あまり知られていない
クラウドファンディングについて調べてみました。

スポンサードリンク

白岩優奈が利用したクラウドファンディングとは

今回白岩優奈選手が利用した資金調達システムは
「ACT NOW」(アクトナウ)という
クラウドファンディングシステムです。

https://actnow.jp/project/figure_skate_shiraiwa/detail

すでにあっという間に、目標額の610万円は
超えました!

あと61日残っているので、ひょっとすると
さらに寄付金は膨れ上がるかもしれませんね。

すごい世界です。

スポンサードリンク

白岩優奈の資金調達はなぜそんなにもすぐに集まったのか

正直僕はあまりクラウドファンディングについて
知らなかったのですが、まだそれに対して
馴染みがないという方も多いのではないでしょうか。

今回クラウドファンディングについて調べて見て
つくづくなるほどなーと思わされることが
多くありましたね。

まずそもそもなんでそんなに早く寄付金が集まるのかが
謎でしたね。

もちろんフォギュアスケーターということで
知名度もあったということなのでしょうが、
そもそもクラウドファンディングの使い方
などはほとんどの人が馴染みがないのでは
と思っていましたが、

初めてサイトを訪れると、なんのなんの
本当にサクッと課金(寄付)できてしまうんですよね。


こんな感じですね。

ネット上でこんなにも手軽にできるのであれば
そりゃすぐに行動に移しやすいですもんね。

ワンクリックでクレジット支払いできちゃいます。

それだけ集めることも簡単になるわけですね。

そして注目するのは資金を募る当事者のプレゼンがネットで
かなり詳しく読めるところに人の心を
動かす要素がたくさん盛り込まれているんですね。

白岩優奈さんが、小さい頃からの
フィギュアスケートに関わる
ストーリーやスケートに対する
熱い想いなどが詳しく語られています。

ストーリーで自己紹介PRなどもされているので
非常に感情が揺さぶられますね!

さらに目的なども明確です。

北京オリンピックで、私のスケートを見た世界の皆さんに感動してもらいたい
フィギュアスケートはジャンプなどの技術的な素晴らしさと表現力などの芸術的な素晴らしさの双方を追求するスポーツです。ジャンプについては得意の3回転ジャンプはよりダイナミックで美しく、4回転ジャンプも練習していて、北京オリンピックには完成させようと頑張っています。また、表現力については、曲のイメージを美しく表現ができるようバレエやダンスを習っています。そして、北京オリンピックで4回転ジャンプと表現力で私のスケートを見た世界の皆さんに感動を届けたいと思っています。

引用:https://actnow.jp/project/figure_skate_shiraiwa/detail

現在すでに1100人以上の方が寄付をされているので、
単純に考えれば、一人当たり、6000円ほどが寄付しているという
計算になりますね。

なぜこれほどの多くの方々が寄付をしているのかが
気になったのですが、読み進めていると
なるほど、寄付金額の額によって、
ベネフィットが提示されているからなんですね。

1000円 ・・・お礼メール
3000円 ・・・お礼メール + サイン入りポストカード
5000円 ・・・3,000円コースのお礼+手持ちバナー用タオル 1枚
10000円 ・・・5,000円コースのお礼+オリジナルクリアファイル(A4サイズ)1枚
30000円 ・・・10,000円コースのお礼+メールマガジン配信
※メールマガジンは練習状況を 毎月報告。
50000円 ・・・30,000円コースのお礼+ご支援様に、
特別メッセージ動画をお送りします。

なるほど色々考えられていますね。
こう言ったリワード(報酬)があれば
確かに寄付する人も増えますよね。

よく考えられています。
ストーリー性や、オリジナルグッズの用意
金額の具体的提示と
これは白岩選手一人ではなく
誰かのプロデュースがあっての企画のように
見えますね。

何れにしても非常に賢い
資金調達の方法ですね!

スポンサードリンク

まとめ

ということで、今回は簡単ではありますが
白岩優奈さんのクラウドファンシングについて
少し調べて見ました。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク