中谷美紀なぜビオラ奏者と?結婚理由や(旦那)は誰で顔画像も!馴れ初め性格は?

こんにちは!中谷美紀さんがついに結婚を
発表されましたね!

ずっと中谷美紀さんは結婚されないのか
と多くの方が思っておられたことでしょう!

なんと相手はビオラ奏者ということです。
なぜ今結婚なのか?そしてなぜ相手は
ビオラ奏者なのかその理由や魅力に
迫りたいと思います。

スポンサードリンク

中谷美紀結婚!

中谷美紀さんが結婚されるとは
ただただ驚きですね!

ついに!という感じでしょうか。
お相手の方はなんとドイツ人。

ティロ・フェヒナーさん。

げげげ、国際結婚??
と思いましたが、
確かに中谷美紀さんであれば
日本人だと釣り合わない気もしますね。。

それにしても会話も英語とドイツ語なのでしょうか。
中谷美紀さん話せるんですね。すごい。

交際期間は2年ということらしいですね。

小澤征爾氏らが指揮を務めたウィーン・フィルの来日公演に、
フェヒナー氏が楽団員として同行した際に

出会ったと言います。

フェヒナーさんは50歳ということですから
まさに大人なダンディーな男性といった
ところでしょうか。

スポンサードリンク

中谷美紀はなぜビオラ奏者と?結婚理由

それにしても中谷美紀さんは
今までどんな男性にもあまり
惹かれなかったような
至高の存在といった感じでしたが、
なぜ、今この50歳の
年上ダンディードイツ人とは
結婚しようと思ったのでしょうか。

実は中谷美紀さんはクラシックが大好きで、
知り合いを通してドイツ人の
フェヒナーさんと知り合い、
やはり中谷美紀さんは英語が上手ということで
フェヒナーさんとの会話は
なんの問題もなく
普通にコミュニケーションが取れたと言います。

そしてそのわずかな会話の中で意気投合、
交際に発展するまで長い時間を要さなかった
と言います。

それにしても、いくら意気投合したからといっt
50歳のドイツ人と結婚するなんて、
なんともぶっ飛んでいるというか
さすが中谷美紀さんだなという感じですね。

中谷美紀さんはご存知の方も多いとは
思いますが、結婚はしていないものの、
長きにわたり俳優の渡部篤郎さんと
おつきあいをしていました。

15年?とも言われる交際期間でしたが
2015年あたりから破局説が噂され始めました。

ティロ・フェヒナーさんと出会ったのも
2016年あたりですから、時期的にも
ちょうどあっていますね。

日本人であり同業の男性と交際をへて
しかし長い交際にも関わらず
共に折れなくなったっことをきっかけに
やはり、国籍も職業も
何もかも違う男性に強く惹かれたのかもしれませんね。

中谷美紀の旦那の顔画像

相手のティロ・フェヒナーさんは
どいういった方なのでしょうか?

おっとこれはかっこいい!
かっこいすぎる。

50歳とは思えない甘いマスクの
超イケメンですね。

ティロ・フェヒナーさんの
女性ファンもすごく多いようですよ!

しかしながら、ティロフェヒナーさんについての
いろんな噂もありますので、少し
心配ではあります。

by Instagram こんにちは! ついに中谷美紀さんが 結婚を公表しましたね! なんと相手はドイツ人のビオラ奏者 といいますからまたまた なんとも華やかな...

スポンサードリンク

中谷美紀の旦那ティロ・フェヒナーの魅力

はっきりいって中谷美紀さんに
釣り合いすぎますね。

超美形カップルの誕生です。

ウィーンフィルとベルリンフィルの精鋭で構成する管弦楽アンサンブル「フィルハーモニクス」のメンバーとしても活躍。欧米だけでなく、アジアでも演奏活動を行うなど、世界中を飛び回っている。

中谷は今年4月期に主演したTBS系連続ドラマ「あなたには帰る家がある」以降、目立った仕事がなく、仕事をセーブして、結婚準備を進めていたとみられる。

今年9月、中谷がフェヒナー氏の拠点、オーストリア・ザルツブルクで昨年9月ごろから家を借りて一緒に過ごすようになったと、週刊誌で報じられた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00403841-nksports-ent

お相手のフェヒナーさんも超エリートですし、
世界をまたにかけているあたりが
中谷さんのライフスタイルにも
ぴったり来るのでしょうね。

住まいはオーストリア。

なんとも優雅な中谷美紀さんらしい
生活です。

by Instagram こんにちは! ついに中谷美紀さんが 結婚を公表しましたね! なんと相手はドイツ人のビオラ奏者 といいますからまたまた なんとも華やかな...

まとめ

ということで、ざっとではありますが、
中谷美紀さんと結婚相手の
ティロ・フェヒナーさんの
結婚について記事にしました。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク