ASKA会社(Weare)「ウィアー」設立!目的は?覚せい剤からも回復?! 

出典:https://matome.naver.jp/

こんにちは。takuです。

いきなり歌手

ASKAが会社を設立したことが

ニュースになっています。

少し前、

覚せい剤使用の容疑で

逮捕されていましたよね?

2014年と2016年のことでしたから

まだ、そのことが解決していなかった

ように思っていたのですが、

突然のことで正直驚きです。

気になったので調べることにしました。

1.会社Weare(ウィアー)はどんな会社?

これは、音楽配信会社だそうで、

ASKAさんがブログでそのことを

発表しました。

ASKAさんによると

自分のニューアルバムである

「BIak&White」

がリリースの第一弾だということです。

この曲(アルバム)

を配信するとことから

音楽配信会社の

ウィアーの経営を開始されるそうです。

なぜ、いきなり

今そのような行動に出たのでしょうか?

2.会社Weare(ウィアー)を設立した理由は?

聞くところによると、

この音楽配信サイト(会社)である

ウィアー(Weare)

というのは、

利益追求型ではないそうです。

え?会社なのに、利益追求しないの?

と不思議に思いますが、

この利益を求めない追求しないという

特色の会社はいったどのようなものなのでしょうか。

なんのためにそのような会社をたちあげたのでしょうか。

配信事業によって

利益を上げて、成長を遂げていく会社では

ないなら、何を目的とするのでしょうか。

ASKAさんは

「音楽業界、そして、アーティストのための

配信会社です」

と語っているようです。

??

アーティストが音楽を配信していくことが

最大の唯一(?)の目的だそうです。

つまり、より多くの人に

音楽を聞いてもらうための?

もしくは、アーティストが

自分の曲を世界に発信するための

媒体?場所ということで

設けたのでしょうか?

10月25日からスタートするそうですが、

現在配信予定はASKAさんだけだ

ということです。

ますます謎が多いですね。

けれども、すでに配信希望の

アーティストがたくさん

集まっているということでも

ありますので、

参加アーティストによっては、

このウィアーという配信サイト(会社)

がいきなりブレイク(炎上)する可能性

もありますよね。

この配信サイトは立ち上げるのに

どのくらいお金を投資したのでしょうか。

ASKAさんはすでに印税で暮らしていける

ほどの権利収入を得ているかたですから、

一つの会社を立ち上げることくらい

どうってことないのでしょうかね。

配信サイト(会社)はSNSなどもそうですが、

ほとんどが広告収入で

成り立っていますから、

いくら利益追求をしないといっても

もし人気が出れば、

きっと広告会社が黙っていないでしょうし、

ASKAさんが利益追求しなくても、

他の音楽を配信するミュージシャンや

その事務所は利益を追求しているわけですから

きっと何かしらのお金が動く

可能性はありますよね。

これからの動向に注目です。

随時更新して行こうと思います。

3.覚せい剤からは回復したの?

何よりもきになるのが、

覚せい剤で捕まったあとの

ASKAさんのその後のことですよね。

社会向けの活動はともかく

私生活はどうなったのでしょうか。

覚せい剤使用で捕まっていましたが、

すぐに釈放されたということなのでしょうか。

覚せい剤は、一度はまると

ほぼ不可能近いと言われるほど、

その薬物依存からは離れることが

できないと言われていますが、

ASKAさんの現在は大丈夫なのでしょうか。

完全な回復はしたのでしょうか?

2014年に一度捕まった後、

DARCという薬物依存回復施設で

の治療をしていたけれども

そこから逃避し、自宅療養しながら

再び2016年に逮捕されていたので、

回復していないのでは?

という読みでしたが、

このように会社設立(?)

ということは、日常生活には

支障をきたさず、健康に

過ごしておられるということでしょうか。

なぞが多いのですが、

とにかく、健康であることを

ねがいますね。

周りの、専門家や、

何よりも周りの人々に

助けられて、

会社名(Weare)のように、

助け合って回復そして成長、

成功を遂げてほしいですね。

応援しています。

まとめ

ということで、今回は

1.会社Weare(ウィアー)はどんな会社?

2.会社Weare(ウィアー)を設立した理由は?

3.覚せい剤からは回復したの?

について記事にしました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク