姫路エア滑り台転倒動画!設置会社業者やお店の場所はどこ?ツイッター反応も

姫路のエア滑り台が強風により転倒した事故が
起きました。女の子は鎖骨を骨折する重症
だということです。

10日午後2時45分ごろ、兵庫県姫路市四郷町山脇のイベント会場で、空気で膨らませた高さ約5メートルの滑り台が風にあおられ転倒。遊んでいた小学生の女児(10)が滑り台から地面に転落し、鎖骨骨折の重傷を負った。近くにいた女性(75)も避難する際、口を切る軽傷。兵庫県警飾磨署が詳しい事故原因を調べている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

重りなどもちゃんと設置していたにも
関わらずなぜそのような事故が発生したのでしょうか
イベント会場場所やお店(会社)なども含め
早速動画で検証していきたいと思います。

スポンサードリンク

エア滑り台転倒動画

今回、エア滑り台が強風により
飛ばされたということですが、
高さ5mといったら建物で言えば
2階建ての高さになりますから
かなりでかい滑り台ということになりますよね。

それが強風で倒れて、女の子が
鎖骨を骨折するという重症を負いましたから
かなり高い場所から落ちたか、
その滑り台と一緒に飛ばされた可能性が
高い
ですね。

ではエア滑り台が飛ばされるというのは
どういった状況なのでしょうか。

実はこれは、今回の姫路のイベント会場で
撮影されたものではなく、
神奈川県で数年前に起こった同じ
エア滑り台の転倒事故
です。

動画映像で見るとその強風とエア滑り台が
横転することの恐ろしさがわかりますね。

横転というより、完全に吹っ飛ばされています。
正直、重りをぶら下げていようが、
強風が吹けばそんんなものなんの
助けにもならないといった印象です。

室内で遊ぶエア滑り台は安全かもしれませんが
臨時で設置するこういった野外でのエア滑り台は
天候を熟慮した上で設置運営しなければ
大事故に繋がる可能性が大いにあります。

でも突風などは予測がつきませんから
それも難しい判断ではありますね。

今回被害にあった女の子は鎖骨を折る
重症ではありましたが、命に別状はなくて
本当によかったですね。

スポンサードリンク

エア滑り台を設置したお店(会社)は?

兵庫県の姫路市四郷町山脇という場所で
行われたイベント会場での事故だったそう
ですが、

そのイベントを開催したのは
姫路の三菱自動車販売店ということ
らしいので、

おそらく同社の兵庫県姫路市店、加古川店、高砂店
あたりの店舗主催のイベントだったのでしょう。

滑り台はイベントを主催した地元の自動車販売会社「姫路三菱自動車販売」が別業者に設置を依頼したとみられる。高さ約5メートル、長さ6~7メートルで、空気を送り込むとクッション状に膨らむ構造。地面にはセメントが入った複数のオイル缶が置かれ、転倒を防ぐために滑り台と缶がロープで固定されていたという。

引用:https://news.infoseek.co.jp/article/sankein_afr1811100017/

こういった事故が起きた場合は、
責任というのは、この三菱自動車販売
になるのか、設置をした別業者になるのでしょうか。

判断が難しいところではありますが、
兵庫県警飾磨署が詳しい事故原因を調べていますので
次第に明らかになっていくでしょう。

臨時のイベント会場ですから、
エア遊具はレンタルだったと思います。

そしてエア遊具のレンタル業者というのは
それほどたくさんある業種でもないので、
調べて見ると全国展開している業者(大手)
が目立ちますね。

ですから、今回の姫路市での事故も
設置したのがどの遊具レンタルの会社か
という業者の特定はできませんでした。

ツイッターの反応

こちらのツイートを見ていただくと
わかるのですが、この遊具
めちゃくちゃ危ないですよね。

遊具そのものはものすごく楽しいのでしょうが、
高さがある分、もしこのエア滑り台が
横倒したとおもうとおそろしいですね。

やはり、野外での巨大滑り台を
利用するときは、その日の天候なども
しっかりと吟味した上で、設置利用することが
とても重要ですね。

その他にも、驚きや勘違いのツイートも。

まとめ

ということで、今回は
エア滑り台がなぜ転倒したのか、
イベント会場場所やお店(会社)なども含め
その危険性を動画で検証しました。

小さいお子さんなどがいる
ご家庭は気をつけてくださいね!

女の子の速やかな回復を願っています。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク