バウアー188キロ動画(インディアンス)!最速投球記録や投手戦績(経歴)検証!


Photo by Antoine Schibler on Unsplash

こんにちはtakuです。
なんと米国のインディアンズ投手の
トレバー・バウアー選手が、
驚異の188キロ投球を記録したということで、
米国で超話題になっています。

一体そんなことが、人間に可能なのでしょうか
とても驚いたので、
早速動画をもとに検証してみました!

スポンサードリンク

トレバー・バウアー投手について


出典:https://www.nikkansports.com/

プロフィール

名前:トレバー・アンドリュー・バウアー

本名:同上(Trevor Andrew Bauer)

生年月日:1991年1月17日

年齢:25歳

出身地:カルフォルニア州(アメリカ)

身長:185.4cm

職業:メジャーリーガー(インディアンス投手)

バウアー選手は、プロ入り前はカルフォルニア大学
ロサンゼルス校にてプレーし、大学3年間の成績は
34勝8敗・防御率2.36・460奪三振だったそうです。

2011年にはMLBドラフトでダイアモンド
バックスから指名を受けました。
その年の最終週大学選手に送られる
ゴールデンスパイク賞を受賞し、
7月にプロデビューを果たします。

最初の契約金は最大4年の785万ドル、
日本円にして、8億円弱でした。

しかしながら、制球難に苦しみ、
わずか4試合でマイナーに戻されるという
挫折も経験します。

その後2012年にインディアンスへ移籍しますが、
そこでも、不振が続き、2013年、先発投手として
4試合に投げましたが、自己ワースト記録である
WHIP 1.82を記録してしまいます。
(1投球回あたり何人の走者を出したかを表す数値)

しかしながらその後はなんとか、少しずつ
調子を安定させ、2017年まで、
奪三振率8.0以上、
防御率を4.55台あたりでキープしています。

いろいろ戦績をたどると、
制球に少し安定を欠く
傾向があるようです。

けれども全身を使ったダイナミックな
投球フォームで
奪三振率は非常に高い選手だそうです。


出典:https://ja.wikipedia.org/

トレバー・バウアー投手の188キロ動画

トレバーバウアー選手は、
遠投で、137m〜145mにも達する
ほどの強肩の持ち主ですが、
制球に少し難がありますし
試合での平均スピードは
出ても、だいたい146km/h〜154km/h
だそうなのです。

それがいきなり
188キロを記録したとは一体
どういうことなのでしょうか。

その気になる投球動画をご覧ください! ↓

なるほど、公式試合ではなく、
トレーニング(測量計)での
計測だったのですね。
びっくりしました。( ´θ`)ノ

半袖短パンにキャップ姿のバウアーが、短い助走をつけて、躍動感たっぷりにネットにボールを投げ込むと、壁に設置されたスピードガンの電光掲示板に表示された数字はなんと「116.9」。決定的瞬間を見守ったギャラリーからは、どよめきの声が上がった。

「Cut4」は公式戦で使用する5オンス(約142グラム)より軽い3オンス(約85グラム)のボールを使用した高強度トレーニングでの出来事で、同種のトレーニングにおける最速記録だったと紹介。昨オフ、100マイル以上の速球で知られるマイケル・コペック(シカゴ・ホワイトソックス傘下3Aシャーロット・ナイツ)が記録した110マイル(177キロ)を上回ったという。

引用:http://news.livedoor.com/

実際の試合では、投手から、キャッチャーまでの距離は
約18mあると言われていますが、
この計測器では、投げた 瞬間速度が計測されるので、
実際の公式試合でのスピードとはまた
別なんですね。

ボールは公式球よりも小さく軽いし、
この場合コントロールも関係ないですしね。

しかもこの動画に関しては、
後ろから助走でめちゃ走って
きて、飛び跳ねるようにして
投げています。笑
これ公式戦でやったら、即ボークですね笑

それでもまあ188キロの記録は
どうであってもすごいんですが。

バトミントンなどと同じで、
打撃の瞬間速度は200kmを超えるが、
相手選手の手元に届く時には
速度が急激に落ちるため、
体感速度としては全然違う
といった感じと似ていますね。

実際にコントロールを無視して
思いっきり力任せに投球した際に
出る瞬間速度が188キロという
ことなので、必ずしもピッチャーから
キャッチャーにまで到達する
球速には該当しません。

制球に難あり(?)のバウアー選手
が188キロを記録したというのは
そのようなからくりがあったのですね。^ – ^
なるほど、納得です。

やはり、急速、腕力だけでなく、
バツグンの制球力、投球の
バリエーション、安定感というものが
実戦では必要になるということですね。

やはり、実戦で、165キロをマークする
大谷翔平選手は別格といったところでしょうか。

こんにちはtakuです。 大谷翔平選手が 日本ハムからポスティングシステム (入札制度)を利用して、 エンゼルスへ移籍を決めましたね! 大谷選手がこれから活動の ...

メジャーリーグネタとしてはこんな記事も
あります。↓

こんにちは。takuです。 シアトル・マリナーズの 岩隈久志選手がインスタで 娘の画像をアップしているのですが その 娘さんの顔が超可愛くて 噂になっています! ...

いずれにせよ、188キロをマークした
バウアー投手の腕力、強肩はものすごい
ものがあります。

いろいろ戦績には波がある選手のようですが、
調整次第では、かなり伸び代のある
投手であることがわかりました。
今後注目していきたい選手では
あるようですね。

最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク




コメント

  1. より:

    公式戦でも計測しているのは投球の初速やぞ