辛坊治郎ユーチューバーに?アカウト名や初回動画はいつ?公開理由も!【辛抱の旅】

こんにちは。takuです。
人気有名ニュースキャスターの
辛坊治郎さんが、なんと
ユーチューバーになる宣言をしました。

昨今ユーチューバーに関して
様々な噂が飛び交う中、まさかの
参戦です。

どのようなユーチューブを
今後配信するのか、
アカウント名や今後の
展開について非常に
気になるので記事にしてみます!

スポンサードリンク

辛坊治郎のユーチューブ参戦

辛坊治郎さんは先日
読売テレビの朝の情報番組
「朝生ワイド す・またん!」
で、18日2000回を迎えるのを
前に、これから自身が
ユーチューバーになることを
突然表明されました。

その理由としては、
テレビに出出演し続けるなかで、
「テレビの時代はいつまでつづくのか」
とふと考えるようになった結果、
一つの結論にいたり、そして
その答えが、「ユーチューブ」だった
ようです。

辛坊氏は今後について「テレビの時代っていつまで続くんだろうって考えますね。機材を買ったので、近々ユーチューバーとしてデビューしようと思います。タイトルは『辛坊の旅』。最近は鶏の丸焼き作りにこっていまして、まず一発目はそのプロセスから公開して・・・」と話すと、すかさず森アナが「誰が興味あんねん」とつっこみ、息の合ったところを見せつけた。

引用:http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180114-OHT1T50194.html

既に、機材を購入し、
ユーチューブのアカウントも
取得しているといいます。

アカウント名は何か

アカウント名は何なのでしょうか。
いろいろ調べましたが、まだ
はっきりとは公表されていませんが、
初回動画がアップされた際に、
明らかになるでしょう。

テレビ番組の中では、
「辛坊の旅」として
始まります。

とコメントしているので、
そのまま「辛坊の旅」という
アカウント名で投稿されるのかも
しれません。

有名なニュースキャスターだけに
その知名度を利用しないはずは
ありませんので、自身の名前
「辛坊」はアカウント名に
必ず入れるのではないでしょうか。

今現在では、そのアカウント名を
検索しても、辛坊さんのニュース番組
での動画しか放送されていませんが、
今後の初回動画投稿に期待ですね。

スポンサードリンク

動画投稿内容

初回の動画は、「鳥の丸焼き作り」
を披露する動画であるということで、
周りからは、「誰が興味あるんですか」
と突っ込まれながらも、それはあくまで
取っ掛かりであり、ゆくゆくは
そのユーチューブをとおして、
紛争地なども巡りながら、
撮影したものを編集しながら公開し、
世界に配信したいとのことらしいですね。

辛坊治郎さんは現在61歳。
62歳の春からは、年金をもらえる
歳となり、いらないと思いつつも、
受け取らないといけない国の制度
に乗っ取り、手続きをしながら、
こんな制度を続けていて良いのか
とふと疑問に思うことも
あったようですね。

そんな中で、個人レベルでの
様々な思いや理想を自由に(?)
表現できるユーチューブ
ネット配信の魅力(影響力)に
目を止めたそうです。

ユーチューブを始めるワケ

辛坊治郎さんはお金儲けのために
ユーチューブを始めようとしているのでは
なく、正しい情報を正しい主張を
世界に配信したいとの思いから、
ユーチューブに参戦を決意したのでは
ないでしょうか。

自身でも発言しているように、
お金儲けのためなら、「樹海の
動画をとればいい」というコメント
にもあるように、ひょっとすると、
「情報配信」を正しく利用しない、
若い世代の情報拡散の速さや、
影響力を認めつつも、
その媒体の使い方に一種の憂いを
抱いて、あえて「同じ媒体」を
通して有益な情報を届けたいと
思われたのかもしれませんね。

辛抱さんは一度ヨットで太平洋横断を
試み、九死に一生をえた経験もあり、
「人生」を俯瞰して見るそんな視点を
お持ちなのでしょうか。

何歳になっても、安定した地位にいることで
慢心せず、常に新しいことに積極的に
チャレンジするその精神はほんとうに
すごいことですね。

辛坊治郎さんのような報道を熟知し、
世界を視野に広い見識を持った方が、
自足で世界を巡り、情報を配信して
くれるとするなら、それは非常に
有益な情報発信となるのではないでしょうか。

鳥の丸焼き動画が何回再生されるのかは
わかりませんが、それを取っ掛かりとして
世界に有益な、生の情報を的確に
届けていただきたいです。
期待しています。

動画公開時期

辛坊治郎さんのユーチューブ
配信は来月ですから、
2018年の2月から始まる
予定だそうです。

そのあたりの情報も、
わかり次第更新させて
いただこうと思います。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク