ディーン・フジオカ|ドラマ初主演なのに現場の空気が悪い?!その理由と真相、性格は?

by Instagram 

こんにちは。takuです。

10月15日(日)  22時30分~

から放送される新ドラマ

【今からあなたを脅迫します】

で初主演が決まったディーンフジオカさん。

【嵐にしやがれ】で

有村架純さんとデスバトルで

初共演します。楽しみですね。

そして、番組の中で、

この初主演のドラマの番宣もするのでしょうね!

このディーン・フジオカさんは

ご存知の通り

朝の連ドラ【朝が来た】の

五代役で大ブレイクした

今日本でも注目されている

俳優さんです。

ドラマ初主演!

ということで非常に

素晴らしいことだと思うのですが、

実は水面下で様々な

噂が飛び交っているようです。

現場の空気が悪いとか

ディーンさんが常にボヤいているとか

スタッフがしりごみ(辟易)して疲れている

などなどです。

一体現場で何が起きているのでしょうか

調べて記事にすることにしました。

スポンサードリンク

1.ディーンフジオカドラマ初主演までの経緯

まず、ことの発端は、

この【今からあなたを脅迫します】の

ドラマ初主演がどのように決まったのか

というところから始まります。

実は、報道(一部日テレ関係者)によると

今回の連ドラ主演は、同じ事務所の小出恵介が

未成年との飲酒運転と肉体関係のスキャンダル

のために活動休止となり、

放送直前に出演予定だった日テレの

ドラマを降板することになってしまいました。

当然局側は、事務所側に普通なら

損害賠償違約金を請求するところですが、

それをせずに、

ディーンフジオカさんの民法連ドラ初主演で

手を打ったという経緯があるそうです。

なんだか、裏ではいろいろあるんですね。。

一人の人の失敗が多くの人を巻き込むというか

動かす結果になるんですね。

2.【今からあなたを脅迫します】の現場の雰囲気が悪いわけ

ところが、ディーン・フジオカさんも

事務所サイドとしても、

ディーン・フジオカさんの初連ドラ主演は、

NHKで飾りたかったというのが

本音らしいです。

イメージ戦略という意味においても

いろんな制作体制や、待遇、視聴率の面

からも、その方が都合がいいですからね。

そういった背景があるからかどうかは

知りませんが、

ディーン・フジオカさんが

初主演のドラマ現場で

「台本が遅い」とか「スタジオがしょぼい」

などとボヤいているので、

スタッフが辟易しているという

噂が流れているというんですね。

僕個人的には、

え?それだけでスタッフって

辟易するの?という印象です。

ディーン・フジオカさんは

別に、スタッフの誰かを個人的に

責めたりしている訳ではなく、

単なる「感想」「自分の意見」

を述べているだけなんじゃないの?

と思わないでもないですね。

報道の限られた言葉だけでは

なんとも判断しにくいのですが、

これだけのことで、

現場の空気まで変わったと

いうのは少し主観的すぎるのでは?

とも思ってしまいます。

さらに、武井咲さんの撮影中の

別のドラマの収録が押していて、

撮影がスムーズに進行されないこと

に対してもディーン・フジオカさんが

いらいらしているのだそうです。

そのため、現場はどんよりした

空気になっているんだそうです。

もしそれが本当なら、

一人の主演役者の心の態度

発言によって、現場の何十人もの

スタッフの気持ちまで

変わってしまうほどに、

主演役者の存在って大きいんだなと

思わされますね。

そのほかにも、ディーン・フジオカさんの

プライベートの写真を番組制作側が

ディーン・フジオカさんに知らせていなかったため、

日テレに不信感を持ったことがきっかけで、

出演が内定していた、北川景子主演のドラマ

「家売るオンナ」への出演を断ったという

経緯もあるらしく、そんなわだかまりの

ある中でのどう日テレでの初主演という

ことで、関係者に緊張感が

漂っていることも原因の一つなのかも

しれませんね。

実際のところはどうなのでしょうかね?

スポンサードリンク

3.ディーンフジオカの性格について

ディーン・フジオカさんの性格

についてですが、

最近はこれについてもいろんな

噂が飛び交っているようです。

ディーン・フジオカさんの好きな

食べ物(ビーフフォー)

がある東京のお店を巡るという

撮影ロケの際に、尋常じゃないまでの

フォー(食べ物)に対するこだわりを見せ、

お店側に結構な”わがまま”ともとれる

数々の催促をしたり、味や、食材の鮮度に

駄目出しをしたりという様子から、

性格が悪いのでは?

と噂されるようになったようです。

これも、かなり短絡的な評判だなと

個人的には思ってしまいますが、

どうなのでしょうか。

実は、僕の知人はディーン・フジオカさんと

交流のある方なのですが、

「本当にいい人です。」と

彼に対する賛辞を惜しまないんですよね。

共演している女優さんたちからも

非の打ち所がない程に本当に「五代様」でした

と絶賛されている報道も、一方でされていますよね。

初主演ドラマで共演する武井咲さんの

妊娠している体をも繰り返し

「安全第一」と気遣っていると

言われていますし。

僕はどちらかというと後者

(性格がよい、ジェントルマン説)を

押しますね。

考えてみると、

ディーン・フジオカさんの

性格は、いわゆる日本人の常識

世界観、価値観では測れないものが

あると思います。

日本人の両親で日本生まれですから、

てっきり「日本人らしい?」のかと

思われがちですが、

活動の場所が、キャリアを積んできた

土壌が海外ですからね。

そもそもバックパッカーをしながら、

アジアを巡り、

海外でアルバイトをして、

そこでイベントに参加して(香港)ラップを

披露し、現地(海外の)モデル事務所

からスカウトされ、モデルをしながら、

海外の映画に初出演、

外国人の彼女を作り(インドネシア)、

台湾でもモデル俳優として大ブレイク、

日本に帰国する際にプロポーズで

国際結婚・・。

どうです? かなりクレイジーですよね。

これ普通の日本人にはできません。

そうとう、アグレッシブですよ。

役柄のイメージが五代さんで

かなりお上品な清楚な好青年という

イメージを持たれていますし、

実際にジャンとルマンでもあると思いますが、

「ごく標準的な日本人」ではないですよね。

何を持ってして標準というのかは

わからないのですが、

少なくとも、「自分」をしっかりと

持っていて、自分の意見を率直に

いうことのできる自己主張ができる

性格であるとは思います。

日本の周りの空気を読みながら、

思っていることは言わず、

事なかれ主義でなんとなく

場を鎮めていくことを好む

日本人とはかなり違う言動になるのでは

ないでしょうか。

なので、

現場で、「台本が遅い」とか

「スタジオがしょぼい」とかは

彼の嫌味とかぼやきではなく、

単なる「感想」である

可能性が高いですね。

もしくは本当にそう思っているとしても

それを表現すること自体が悪いとは

自覚していないんではないでしょうか。

自分の意見、感想を述べること

は海外では逆に尊重されますからね。

外国の現場を肌で経験してきた

ディーン・フジオカさんだからこその

言動なのかもしれません。

その雰囲気の飲まれて、

辟易する現場の方々が

外国の文化背景を理解して、

変わらなければ、現場の

雰囲気も悪くなるまま

なのではないでしょうか。

僕も現場の雰囲気を直に

見て知っているわけではないので

なんともいえないのですが 、

ディーン・フジオカさんにも

現場のスタッフの方々にも

頑張っていただきたいですね^ – ^

スポンサードリンク

4.初主演ドラマの先行きはどうなる?

これは、ドラマを

見ているだけではわからない

ことなので、

ただ応援して行くしかないですね。

今回のドラマの主題歌

「Let’s snow」は、

ディーンさんのドラマ主題歌

初書きおろしだそうですよ。

そんな初物づくしのディーンさんが

深く関わるドラマを

自分自身が悪いものに仕上げて

いくでしょうか?

何ヶ月も続く現場ですから、

最初に持っていた誤解などもとけて、

最終的には、素晴らしい

ものに仕上がっていくんではないでしょうか?

初主演の記念ドラマを

有終の美で飾って頂きたいですね!

結局どんな仕事をしていても、

人対人の関係が大事なんですね!

まとめ

ということで、今回は

1.ディーンフジオカドラマ初主演までの経緯

2.【今からあなたを脅迫します】の現場の雰囲気が悪いわけ

3.ディーンフジオカの性格について

4.初主演ドラマの先行きはどうなる?

について記事にしました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク