プレステクラシックなぜ今復刻版を発売?販売理由や動機や数や人気が気になる!

家庭用ゲーム機「プレイステーション」の
復刻版で12月3日にプレイステーション
クラシックが発売されるということらしいのですが、

なぜわざわざ今更古い型のPSを販売するのか
が気になったので調べることにしました。

スポンサードリンク

プレイステーションクラシック発売

12月3日にプレステクラシックが発売することがわかりました。
そのことが発表されると、
ネット上での大きな話題となりました。

そして先月11月にはPCクラシックの
メディア向け体験会が行われたようです。

プレステは一番最初の型が発売されたのが
1994年の12月3日だったこともあり、
今回もその日に合わせての発売となるそうですね。

1994年というと、今から24前ということになりますね。
阪神大震災の1ヵ月前になります。

1994年12月3日に発売した『プレステ』は当時では革新的な3DCGのリアルタイム描画を実現し、記憶媒体にCD-ROMを採用することでソフトの大容量化を可能にした90年代のゲーム業界に大きな影響を与えたゲーム機。今回発売となる『PSクラシック』は、初期に発売された物の外見やボタン配置、コントローラのデザイン、外箱パッケージのデザインをほぼそのままに、本体をコンパクトにして復刻したもの。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000359-oric-ent

販売数には限りがあるとのことですし、
先行予約は既に打ち切りということで、
購入は難しいでしょうね。

プレイステーションクラシック販売理由や動機

確かに上記の内容などを見ると、
1994年当時は本当に革新的であったことは
認めますが、なぜそれを今更復刻版で
発売するのでしょうか。

普通に考えて、ゲーム業界では、
操作性や画質などのあらゆる要素を
考えても最新であれば最新であるほど
人を惹きつけるようにおもうのですが、

なぜわざわざ復刻版を発売する
意味があるのでしょうか。

現代のゲーマーの人たちからすると
この時代のゲームコントローラーは
「ラジコン操作」と呼ばれているらしく、
今ではその操作に悪戦苦闘するそうです。

機能も少ないにも関わらず、
ゲームの数だけ独特な操作方法や
システムがあるということです。

感触としては、「今の良さ」を
知ってもらうために「過去」を
体験させるという一種の心理作戦
のようなものなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

プレイステーションクラシックの魅力や人気

この古い機種の魅力を感じるターゲットは
まさにこのゲームに親しんできた人たちのように
感じます。

懐かしいな、
もう一度遊んでみたいな

なんて心理から購入する人も
いるかもしれませんね。

販売数はどのくらいなのかは
わかってはいませんが、
マニアの方々は12月3日を
楽しみにしていることでしょう。

まとめ

ということで今回はプレステクラシックが
なぜ今わざわざ復刻版を発売するのか
気になりましたので調べて見ることにしました。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク