近藤翔偽1万円札や顔の画像!なぜばれない?理由やツイッターの反応は?

近藤翔容疑者が今年の6月に
偽1万円札を使用しタクシー運転手から
釣り銭9000円をだまし取った容疑で
逮捕されました。

一体その偽1万円札というのは
どのくらい精巧に作られたものだったのか
そしてなぜバレなかったのか画像などで
検証します。

スポンサードリンク

近藤翔容疑者の偽1万円容疑

タクシー料金の支払いに偽の1万円札を使用した疑いで
逮捕されたのは近藤翔容疑者(33)です。

職業不詳で、これはすでに逮捕・起訴されている
もう一人の木村拓弥(27)容疑者との共犯によるものと
されています。

取り調べに対して、近藤容疑者は
「逮捕された事実について知らないとは言いません」
と供述しているそうです。

なんとも歯切れの悪い返答ですね。

近藤翔容疑者の顔画像

近藤容疑者の顔は次の様になります。


出典: Japan News Network. 

マスクをしているので、なんともいえませんが、
悪そうな顔ではありますね。

でもどこにでもいそうな
男性です。

なぜ絶対バレるような犯行をするのか
理解ができませんね。

スポンサードリンク

近藤翔容疑者の使用した偽1万円札

近藤翔容疑者が使用した1万円札が
どういったものなのかが気になりますよね。

調べてみるとこんな画像が。↓

画像でみると本物が偽物かは
全くといっていいほど
判別がつきませんね。

現在は、こういった偽紙幣を
コピー機にかけてカラー印刷しようとしても
偽造認識がされ、印字が真っ黒になるだけでなく
すぐにオンラインでその端末を調べることができるので
犯行を防ぐことはできるのですが、

こういった偽紙幣は中国や韓国などの
海外で製造されるケースがほとんどだということです。

なぜ偽1万円札がばれないのか

普通そんな偽札をつかって、普通すぐ気づくだろう
と思いますし、バレないわけが
ないとおもってしまうのですが、

やはり犯行に及んだ二人から見ても
かなり精巧に作られたものだったのでしょうね。

日中使う分にはバレるかもしれませんが、
タクシーなど、暗い車内での受け渡しと
なりますから、運転手もきがつかなかったのでしょうね。

しかも今年の8月あたりから、
コンビニなどでもにせ1万円札が次々に
確認されている様です。


コンビニといったらかなり明るいはずですから
それでも気づかないとなると、
触りごごちや色合いや印字など
かなりの精度で製造されているということになりますね。

スポンサードリンク

ツイッターの反応は

やはり、多くの方も、
偽1万円札の精度がきになるようですし、

そういった横行している
偽1万円札が回り回って自分のところに
きたりはしないかと心配しているようですね。

キャッシュレスであれば解決
という意見もあるようですが、

キャッシュレスになればなったで
カードの偽造や、ネットを使った
ハッキングとか、また新種の犯罪が
出て来る様になるんでしょうね。

何をするにしてもいつの時代も
必ずそういった不正をする人って
あとをたたないのでしょうね。

まとめ

ということで、今回は
近藤翔容疑者の顔画像や
偽1万円札の実態について
記事にしました。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク