浦川泰幸アナの喉不調の原因や病名は何?今後の活動予定や復帰について【ABC】

浦川泰幸アナの喉不調の原因は?(続き)

アナウンサーや歌手などの職業に関係する
喉や声の病気などを以下に列挙してみましたー。

咽喉頭異常感症
急性喉頭炎
慢性声帯炎
声帯ポリープ
声帯結節
ポリープ様声帯
声帯白板症
声帯乳頭腫
咽頭がん

「声が出にくい」「番組の出演が困難」
というコメントもなされていますので、
声がかすれるとか、話すと 痛みがある
などの症状があるのかもしれません。

はっきりとはわかりませんが、
浦川アナの症状は、この上記の病気の
いずれかに当てはまるのではないでしょうか。

単なる声のかすれ、一時的な
「声がれ」という程度なら
まだいいのですが、これらの
病気の中でもっとも恐ろしいのは
咽頭がんです。

声のかすれが続き、かすれが
だんだんひどくなる、かすれ方が
ひどいとなった時は、咽頭がん
が疑われる様です。

浦川アナの声を聞いている限り
では、「かすれ声」かどうかは
聞き取れませんでしたが、
本人の中ではおそらく、
長時間話したりする際に
「違和感」があるのでしょうね。

一過性のものであり、回復できる
症状であることをただただ
願います。

スポンサードリンク

今後の活動や復帰について

病名がまだ公表されていない状態ですから
もちろん復帰の時期などもわかっていない
のですが、

もちろんABC退社ということではないでしょう。
その喉の不調から回復すれば何かしらの形で
番組に戻ってこられる可能性は十分に
ありますね。

ただ、場合によっては
第一線で、表舞台に出るのではなく
同社内での声を使わない仕事へ
シフトチェンジしていく
可能性もありますね。

ただ、アナウンサーにとっては
人々に声を届けることこそ
生き甲斐だと思いますので、
なるべくアナウンサーとしての
働きには復帰してほしいです。

目を潤わせてのコメントということで
今後の治療には一定の期間を要するのでは
ないかと個人的には思います。

速やかな回復と、
現場復帰を願っています。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク