ユニバーサルデザインって何?次世代タクシーの抱える3つの課題(問題)!

こんにちは。takuです。

トヨタが次世代タクシーを

発表しましたね。

その特徴や詳しいデザインに関しては

こちらの記事を参考にしてください。↓

引用: こんにちは。takuです。 トヨタが次世代タクシーを 発表しましたね。 「次世代タクシー」とは 一体どのようなものなのでしょうか。 ...

今回の記事では、

今注目されている

「次世代タクシー」

の問題点について

考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

1.費用面

|製造費

トヨタによると、

次世代タクシーの製造費は

約350万円と、従来のタクシーより

100万円以上高くかかってるそうです。

そして、この次世代タクシーは

市場がタクシー業界に限られているため

生産台数(販売台数)に限りがあるので

大量生産による、コスト削減が難しく、

生産性の向上が見込めないため、

このように製造費が高くなってしまいます。

|運賃の値上げ

製造費が高くなれば、販売価格も

それに比例して上がるので、

需要と供給のバランスが取れるかどうか

の心配と、それに伴う運賃の高騰が

懸念されています。

|燃費の高騰

さらに、世界情勢や環境問題

資源の減少などによる

燃料費の高騰、変動が激しく

それに伴い運賃が値上がって

しまう傾向がある。

|過度の運賃競争

旅客を奪い合うために

過度な運賃競争がなされた場合

従業員の賃金の低下につながり、

労働条件の悪化にも繋がる

可能性がある。

スポンサードリンク

2.労働条件

|サービスの多様化

次世代タクシーは多くの

新機能、利便性を追求しているので、

確かに顧客の増員を見込めるが、

外国人観光客や障害者、高齢者

の客が増えるにつれ、ドライバーの

対応力、サービスの多様性が

増し、それに伴う、対応力、

スキルが必要とされる

|輸送人員の減少

次世代タクシーを製造、販売し

2020年の東京オリンピックを

視野に、急ピッチで

インフラ整備なども進めながら

対応しているようだが、

じつは、ドライバーは年々

その労働環境の厳しさのため

減少傾向にある。

|労働賃金の低さ

運賃競争が激しくなったり、

燃費の高騰、製造費の上昇

などあるにもかかわらず

タクシードライバーの

労働賃金水準は非常に低い

歩合制を取り入れることで、

バランスを保つよう心がけているが

それが、労働者の健康状態、

過度の労働にも繋がっている

スポンサードリンク

3.交通事情

|混雑

都市部に生活の中心が

集まっているため、

繁華街や鉄道駅周辺に

タクシーが集中するため、

周辺の道路がこんざつしたり

歩行者との交錯が生じ、

円滑な交通の確保が難しく

渋滞が生じる可能性が大きくなるので

タクシーそのものの利便性がなくなる。

|環境

アイドリングによる燃料消費が

地球温暖化への対処としても

課題点となる。

まとめ

などなど、

課題点をあげるといろいろと

出てきましたが、

国や、企業も

そのような問題点に対して

いろいろと対策を

講じているようですよ。

東京五輪開催に向けて、

国内外に向けてのPR効果の

大きさなどを考慮すると、

それでもきっと損失はないという

企業の読みや、品質向上における

燃費の改善や、

高齢化に伴いニーズが

高まることは確かなので、

その利用者のニーズに応える

形で、多くの利便性を

確保する設計であれば、

多少運賃の高騰があろうとも

需要供給のバランスがとれるという

見込みだそうです。

とにもかくにも、

何もしないよりは、

多くの対策を練りながら、

より良い物を生み出すために

努力し、行動に起こし続けること

アグレッシブにアクションを

起こしていくことは、

個人レベルに止まらず、

国レベルでも

非常に大切になってきますよね。

これから、都心が東京五輪に向けて

どのような変貌をとげるのか

楽しみですね。

ということで、今回は

次世代タクシーの抱える問題について

考えてみました。

1.費用面

(製造費/運賃の値上げ/燃費の高騰/過度の運賃競争)

2.労働条件について

(サービスの多様化/輸送人員の減少/労働賃金の低さ)

3.交通事情

(混雑/環境)

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク