水かけ姫(チョ・ヒョンミン)のパワハラ音声と性格がやばい!母親に原因?!

こんにちは。takuです。
今大韓航空の社長娘が
話題になっていますね。

広告代理店の社員に
水をぶっかけたチョ・ヒョンミン
のパワハラ暴言音声

韓国中で物議を醸しています。

一体どのようなものなのでしょうか。
調べてみることにしました。

スポンサードリンク

事件のあらまし

この水かけ騒動の出来事が起こったのは
2018年の3月末だそうで、
大韓航空の広告制作を
担当する会社の社員とのやりとり
の中で起きたことだと言います。

相手広告会社の社員が質問に答える
ことができないことに腹を立てて
チョ・ヒョンミン氏がその社員に
水をぶっかけたといいます。

実際は社員に対して水をかけたのでは
なく、床に水の入ったコップを投げつけた
とも言われています。

さらに、水だけではなく
携帯電話も投げつけていたらしです。

何れにしても、水をかけた云々といった
ようなそんなに簡単なことでもないらしく、
チョ・ヒョンミン氏のパワハラ暴言が凄まじいと
その人格が噂の的になっているんですね。

チョ・ヒョンミンのパワハラ音声

その物議を醸しているチョ・ヒョンミンさんの
暴言音声がこちらになります。

う〜ん。
音源を聞くとかなりの迫力ですね。
ずっと叫び続けています。。

スポンサードリンク

チョ・ヒョンミンの性格

普通に考えて、このテンションは
異常と思われても仕方がありませんね。

この暴言を受けている広告会社の
社員もたまったもんじゃないですね。

ネット上でのコメントには
こんなものも。

確かにこれらのコメントも
頷けますね。

これだけヒステリックに
暴言を吐きまくれるのは
かなり激しい激情型の
性格
なのではないでしょうか。

今まで自分の思い通りに
全てを動かすことができたので
少しでも自分の意に沿わないこと
があればこのように
我慢できないのでしょうね。

人間って甘やかされてわがままに
育つとこんな感じになって
しまうのでしょうか。

さらに、チョ・ヒョンミン氏
だけでなく、この趙一家は
姉のチョ・ヒョナ氏も
「ナッツ事件」を起こした張本人
という事で姉妹で問題を起こしているので、
そのことが趙一家の評判をさらに
悪くしていると言えます。

やはり両親に問題があるのでしょうかね?

母親も暴言がひどい?!

とにかく、この趙一族は常軌を逸している
と言われているのですが、

中でも、このナッツ姫と水かけ姫の
母親であるイ・ヒョンミ夫人
ものすごい人格だそうです。

その呼び名を「暴言女王」
と言われているらしいです。

自宅のリフォーム作業員に対し「まとめて全員クビにしてやる。クビよ!あの●●みたいな野郎、おい●●野郎、●●出ていけ!」と悪態をつきまくり、執事には「死にたいか、●●」、タクシー運転手にも「この程度しかできないのか、●●」とののしり、顔に唾を吐きかけたという。ホテル職員に皿を投げつけたこともある。

引用:https://www.j-cast.com/tv/2018/04/20326685.html

う〜ん。
なるほど、この母親あってのこの
娘達ありという感じなのですね。

母親が、自分が幼い頃から
目の前で多くの人を
罵倒したり、物を投げたり
暴言を吐きながら叫びまくって
いたら、それを見た子供は
「あ、これが普通なんだな」と
思いますからね。

親を真似るのは当然といった
具合でしょうか。
それにしても度が過ぎますね。

takuの一言

今回の騒動を受けて、
ナッツ姫(チョ・ヒョナ)氏も
水かけ姫(チョ・ヒョンミン)氏も
二人とも全ての職を辞任させる
などの対応をとったそうですが、

表面上はそのような対処をしても
彼らの人格が変わらない限り、
財力にものを言わせて
今後も周りの人々を罵倒したり
する性格は変わらないような気がしますね。

ある意味で今後も目が離せない注目の一族
なのかもしれませんね。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク