南北首脳会談はなぜ板門店で今?理由意義は?核問題や南北統一はどうなる?

こんにちは。takuです。

歴史的な南北首脳会談
ついに実現しましたね。

金正恩委員長と文在寅大統領の
笑顔
二人が握手をしながら、
手を握りながら、国境線を
二人でまたぐ姿がとっても
印象的でしたね。

南北首脳会談の意義や、なぜ板門店で
行われたのか
、今後の核問題の動向
などについて記事にしようと思います。

スポンサードリンク

南北首脳会談の様子

まず南北首脳会談が板門店の
平和の家で行われる訳なのですが、
LIVE中継を見ていますと、
板門店の南北国境線を二人が
手を繋ぎながらまたぐというシーンは
非常に印象的
でしたね!

僕も大学生の時に板門店に行きましたが、
北朝鮮側の国境をまたぐことができたのは、
水色の建物の中でだけでした。
(当たり前ですね。)

でもそれでも国境線をまたいだので、
自分は「北朝鮮にいったことがある」と
人には伝えていますが。(^_^)

それはともかくこの感動的な
シーンをもう一度、見ていない方も
どうぞ。

アメリカのトランプ大統領
からの祝福の声明も届いています。

今回の南北首脳会談は
歴史的」だ。
朝鮮の国民の幸運を祈っています。
南北首脳会談が朝鮮半島全体の将来の
発展と平和に繋がることを願っている。

とのことでした。

確かに11年ぶりの階段ですし、
史上3度目とういうことですからね。

しかも、今までの2回は、
どちらも韓国大統領の
任期末期だったということもあり
今回の南北首脳会談は
前回の2回にも増してその
重要性を物語っています

会見をライブで見ていますと
金正恩氏は韓国大統領との
会談に対して非常に友好的な姿勢
示していますね。

「原点を見直し、未来志向で
手を取り合って進んでいきたい」

とのコメントにはなんだか
驚きましたね。

そして「なぜこんなにも(11年間)
会談まで時間がかかったのか
不思議な思いでいるほどだ」とも
語っていました。

なんだか晩餐会で食べる
美味しい食べ物もお土産として
持ってきているので、召し上がってほしい
なんて言葉もかけているほどです。

スポンサードリンク

南北首脳会談はなぜ板門店で開催されたのか


by Instagram

今回の首脳会談は当初
開催地として、3箇所
上がっていたと言います。

  • 平壌
  • ソウル
  • 板門店

でした。
理由としては

  • 文在寅大統領の年齢のこと
  • ソウルは治安上危険が伴う
  • 融和への歩み寄りを示すために
    軍事境界線での会談が効果的

という理由が挙げられますね。

これまでの首脳会談は平壌で開かれている
ということもあり、韓国のかなり
年上の文在寅の体調を考慮したという理由も
挙げられているようです。

そして、平昌五輪には自分は訪韓することもなく
今回首脳会談で文在寅大統領に訪朝
させることなども配慮してのことだったと
言われています。

何よりもソウルで持たれるとなれば、
非常に世論が騒いだり身に危険も及ぶ
ことも考えられましたから
この3箇所の中ではやはり板門店が
一番妥当だということですね。

南北首脳会談の意義

これはいうまでもなく、この南北首脳会談が
南北の平和を実現することのきっかけになると
期待されているからですね。

休戦から50年後の2000年に
第一回目の南北首脳会談がもたれ、
この会談を機に南北の統一ムードが
一気に高まりました。

そして、この当時の大統領、
金大中大統領は南北首脳会談を
成立させたとして、なんと
ノーベル平和賞を受賞しています。

それほどにこの会談は歴史的
な出来事だったそうですね。

第2回目の会談はその後
7年後の2007年に開催されました。

一回めと同じく、金正日委員長、
そして韓国側は当時の大統領、
盧武鉉(ノ・ムヒョン)氏
が対談しました。

しかしながらこの二回目の会談
はそれほど注目されなかったようです。

1回目の会談が期待されていただけに
その後特に進展もない南北関係に対して
国民の失望が大きかったことも理由の
一つなのかもしれません。

しかし今回の三回目の南北首脳会談は
金正日から北朝鮮政権が金正恩に移り
最高指導者としては初めての韓国側への
訪韓ということもあり、かなり注目を
集めています。

核問題

やはり世界の関心は北朝鮮の
核問題にあるのではないでしょうか。

この会談の方向性によって、
北朝鮮の核問題に対する
取り扱いが変わってくるという
可能性もあるわけですから、
そりゃ世界も注目しますよね。

離散家族問題

そしてもう一つは、離散家族問題でしょう。
戦争を機に真っ二つに分断されてしまった
両国が歩み寄ることを
通して南北統一の足がかりになるのでは
という期待が非常に大きいわけですね。

文在寅大統領も言われたように、
「この板門店が両国の軍事的分断の
象徴となる場所ではなく、平和の象徴としての
場所に
なることを願っている。」

これは当たり前のことですが、
韓国の大統領のみならず、
韓国国民、そして世界中が願って
いることですから

現在持たれている会談により
北朝鮮と韓国両国の平和の進展が
なされることをただただ願いますね。

スポンサードリンク

北朝鮮はなぜ急に今歩み寄ろうとしてきたのか

それにしても、過去に度々
核実験や挑発を繰り返してきた北朝鮮
がなぜ今急に韓国への歩み寄りの
姿勢を見せはじめたのか。

あまりにも急展開なので
少し腑に落ちないことも多い
のではないでしょうか。

実は平昌五輪の時から
急に南北の両国間の会談の
話が出て、そして今日の
会談が急ピッチで準備され、
実現しました。

北朝鮮はなぜ首脳会談を
急いだのでしょうか。

米国との関係

これは明らかですが、
北朝鮮が一番恐れているのは
アメリカ(米国)の軍事的攻撃です。

それを阻止したい
そのためには、韓国への
歩み寄りを示すことが一番効果的
方策であることを知っているからですね。

これは見方を変えれば、
北朝鮮への制裁が相当な効果をあげている
という事実を浮き彫りにしています。

国連によると、一昨年までの北朝鮮の石油輸入量は原油50万トン、石油製品約70万トンで合わせて120万トンであった。密輸を合わせても最大150万トンだろう。日本の石油輸入量は2億トンだ。北朝鮮軍は「世界で最も石油の乏しい軍隊」である。それなのに、今年は原油と製品合わせて70万トンに減らされる。海上での密輸も発見された。

これでは軍は戦闘能力を失い、崩壊の危機に直面する。現在の体制を維持しているのは、軍と秘密警察だから事態は深刻だ。北朝鮮の譲歩は、国連や日米の経済制裁が効果をあげた結果である。特に石油製品の輸入禁止は、体制の崩壊につながりかねないとの危機感がある。

引用:https://ironna.jp/article/9120

考えてみれば、
昨年あれほど北朝鮮と米国、ないしは
南北の情勢は
緊迫していたにも関わらず、
平昌五輪をきっかけにあれよあれよという間に、
一気に方向が大きく変わったのは
不思議な展開でしたよね。

この背景には、やはり、北朝鮮が
受けていた経済制裁が相当聞いている
といった理由が一番の原因でしょう。

南北の今後について(まとめ)


by Instagram

こうした一連の流れを見ていくと
なんとも北朝鮮の即時的な
危機回避のための策略のように
感じないでもないですが、

何はともあれこのように会談が
成立したことは非常に
有意義なことではあるのでは
ないでしょうか。

もちろん余談はゆるされない状態
ではありますし、今持たれている
南北首脳会談において、文在寅大統領が
数週間後に持たれる米朝会談における
和平への良い道筋を作るそんな重責を全う
できることを誰もが願っている
のではないでしょうか。

金正恩の満面の笑みを見ていると
一体北朝鮮が何を考えているのかが
なんだか不気味な気もしますね。

世界が願っている南北統一が
すぐに実現するようには思えないですが、
それでも今回の会談が何かしらの
世界平和への足がかりと
なることをただただ願います
ね。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク