指原莉乃が永久コンタクト?安全性やデメリットは?手術費用やレーシックとの違い

永久コンタクトレンズはするべきか

つらつらと記事を書いてみて
個人的に感想として言えることは
レーシック手術をしていなくてよかった。
ということでしょうかね。

もし自分が視力矯正手術をする
としたら、やはりレーシックではなく
この永久コンタクトレンズにするでしょう。

するべきかどうかは、自己責任の
領域なので簡単にどうのこうの
言えることではありませんが、
それでも、一度の治療で、
しかも角膜を削ることなく、
術後の後遺症や目に対する負担も
少ないとなると、かなり魅力的な
治療法と言えるのではないでしょうか。

takuの一言

ということで、今回は
非常に興味深い
永久コンタクトレンズ(ICL)
について記事にしました。

かなりドライアイで苦しんでいますし
お金に余裕ができて、長期で
海外に行くようなチャンスが
訪れたら、真剣にこの治療、手術を
考えるかもしれません。

でも今のところ、まだ新しい(?)
治療法のようですから、あまり冒険
せずに少し様子を見つつ、
タイミングを見計らって治療を
考えようかと思います。

それにしても、医療の世界って
今本当にすごいですね。

古の人々にとっては、
眼球の中にレンズを
仕込むなんて考えられないことですよね。

永久に日本国民の目を潤して
いただけることを期待して
これからもICLの動向に
注目していきたいです。

その他の指原莉乃さんの
記事はこちら ↓

by Instagram こんにちは。takuです。 abemaTVで指原莉乃が ハロウィンでウォーリーの 仮装をする女性をバッサリ ダメだしする発言...

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク




コメント

  1. Sasa より:

    年をとってから白内障になった時
    眼内レンズを入れられるのでしょうか。? 早い人は40代半ばで白内障で手術をするそうですよ。
    特に漁師、農業、外回りの配送、
    営業の人たち。それから、
    内勤でも、朝に東に向かって出勤、
    夕方に西へ向かって帰宅する人は
    早いうちに白内障になるそうですよ。