大杉漣急死なぜ?死因原因やバイプレーヤーの意味は何?経歴や北野武の反応も

北野武との関係は?

大杉漣さんは北野武監督の
『ソナチネ』で注目を集めた俳優さん
ですから北野武監督との関係は
切っても切れないものでしょう。

ですから、この訃報はきっと
北野武さんにとってもショックな
出来事でしょう。

大杉漣さんの訃報を聞いた際に
北野武さんとテレビ収録の現場で
たまたま一緒だった東国原英夫は、
たけしの様子について、

「大杉漣さん急死の報が飛び込んで来た。本当に吃驚である。丁度、TVタックルの収録が終わったばかりで、 師匠も全ての動きが止まっていた。詳細はまだ分からないが、ご冥福をお祈り申し上げたいと思う」。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00000153-dal-ent

と述べています。
すべての動きが止まっていた。
という表現が、北野武さんのショックの
大きさ、驚きの程度を表していますね。

もちろん家族をはじめ
ファンや関係者の中でも、
あまりにも突然の死に
悲しみの声が広がっています。

日本アカデミー賞、
キネマ旬報
ブルーリボン賞

など数々の助演男優賞を受賞した
素晴らしい俳優であった大杉漣さんの
死をまだまだ受け入れることが
できない方々も多いのでは
ないでしょうか。

takuの一言

今回は、急足ではありましたが、
大杉漣さんの急死について
死因原因などを記事にしました。

人間のいのちとは本当にわからない
もので、いつ何が起こるのかは
だれも予測できないことを
今回の出来事でも改めて教えられる
こととなりました。

大杉漣さんは死去される3日前にも
ブログを更新されていました。

何気ない日常を毎日毎日
大切に生きていくことの
重要性を教えてくださっている
ように思います。

ご遺族の方々は、これから
さらに悲しみが込み上げてくる
こともあるかもしれませんが、
慰めをお祈りしています。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク