大仁田厚市長選になぜ?!出馬理由とや引退表明について!実力(人気)や現在が気になる!

こんにちは。takuです。
元プロレスラーの大仁田厚さんが
次は佐賀県の神埼市にて市長選
に出馬するとの情報が入ってきました。

2001年から政界に進出し、
参議院議員、知事立候補、
そして今回は再度市長選に立候補。

出馬にこだわり続ける理由は
何でしょうか。
とても気になったので、経歴とともに
記事にすることにしました。

スポンサードリンク

大仁田厚について

皆さんもよくご存知のとおり、
大仁田厚さんは、元プロレスラー
として有名です。

現役引退後、実は政界進出していた
さらに参院党副幹事長まで
務めていたというのは、
知らない人もいるのではないでしょうか。

少し経歴を振り返ります。


出典:http://onitafire.com/

プロフィール

名前:大仁田厚(おおにた あつし)

本名:同上

生年月日:1957年10月25日

年齢:60歳

出身地:長崎県長崎市出身

身長:181cm

体重:77kg

職業:元プロレスラー、元参議院議員

大仁田厚さんの実家は、風呂敷の製造、
販売業を営んでいたそうです。

学生の頃から行動力のある大仁田厚さんは
高校生の時に、全国一周徒歩旅行を計画し、
なんと長崎県から神戸まで徒歩で
踏破しましたが、その時にその長崎の実家が
火事で全焼し、その日本一周の旅を断念します。

そういった、少し変わった(?)話題を呼ぶ
キャラクターだったのか、当時からマスコミが
興味を持ち、学生の頃から新聞に載ったりと
そのカリスマ性、話題性をもった人物であったようです。

さらに、プロレスラーだから、
勉強は苦手だろうと、勝手な想像(偏見)を
しておりましたが、実は結構な学歴の持ち主
だったんですね。

というより、勉強を本格的に始めたのが、
なんと41歳!人間なんとかなるもんですね。

高等学校を再受験し合格。
その後、駒大学園高等学校、
明海大学経済学部、明治大学政治経済学部経済学科
を現役プロレスラー、タレントとして活動しながら
卒業したというのですから驚きです!

学生時代から、日本一周を志たり、
プロレスを職業として選んだり、
41歳にして学校教育をやり直し、
大学まで卒業してしまうとは、
ものすごい根性、行動力の持ち主
であることが伺いしれますね。

2001年7月29日第19回参院選に
比例区で出馬、初当選をします。

2005年8月8日、
参議院本会議での
郵政民営化関連法案採決を棄権されたそうで、
その理由は、「離島の郵便局が守られないから」
ということだったようです。

2006年参議院自民党副幹事長に就任。
2007年6月23日、次期参議院選挙に不出馬で
政界引退を表明されました。

政界引退後、故郷の長崎県でテレビやラジをの
出演、地元紙への登場などを精力的に活動し、
長崎の中小企業が厳しい状況に苦しむ
姿を目撃し、長崎の再生を決意したそうです。

しかしながら、2010年長崎県の県知事には落選し、
その後2015年千葉県袖ケ浦市長選挙への立候補を
表明しましたが、断念し、今回2018年に
佐賀県市長選への出馬表明となりました。

大仁田厚が市長選に出馬した理由

自分の思い描くように、
知事や市長になれない
状況が続く中、7年もの
月日が経っていますが、
大仁田厚氏が諦めることなく
場所は変えつつも、
市長選にこだわる理由は
なんなのでしょうか。

一つは、自分の実家業も関係している
のではないでしょうか。

実家が風呂敷の製造業を営んでいた
中小企業であった実家が火事で
全焼したという過去もあり、
決して裕福ではない苦しい時期も
経験したのでしょう。

長崎の中小企業の低迷、
苦しむ市民の状況が
自分の経験とリンクし、
強い共感を生み出したのでは
ないでしょうか。

大仁田厚氏の中に、
なんとかして、苦労している
人々や市民を助けたいとの
思いがあるのかもしれません。

スポンサードリンク

大仁田厚の実力(人気)や引退について

市長にはまだなったことはない
大仁田厚氏ですから、その手腕の
是非に関しては、なんともコメント
できないのですが、

大仁田厚さんの人気は、もちろん
現役時代のそれとは比べることは
できないと思いますが、
60歳とはいえ、まだまだ知名度はあるでしょう。

さすがに60歳還暦を迎えた今、
大仁田さんは「今回ばっかしは本当」と
インタビューでも答えているように、
いよいよ現役を引退されることを
表明されています。

そしてこの度市長選の候補に選んだ場所
というのは、ご自分の母の故郷ということで、
その地に対する愛着、思い入れもあるのでしょう。

地元の方々が、もし過疎や経済の低迷
によって苦しい状況がある中で、
大仁田厚氏の熱い佐賀神埼市への思いが
住民の方々に伝わるなら、今度こそ
市長に当選されるかもしれませんね。

41歳から猛勉強をし、大学(政治学)での
学びを成し遂げたほどの根性のある
大仁田氏ですから、その根性と行動力
諦めない闘志で、市長になった際は、
フル活躍してくれるのではないでしょうか。

takuの一言

最近、とある市長のニュースなどが
世間を騒がしていますが、

市長になるための公約がどうだとか、
市長になる前の知名度や人気がどのくらい
あるのか、ということは、あくまで
二次的なことであって、
もっとも大切なことは、その方の
「人間力」「誠実さ」にあるのでは
ないでしょうか。

なかなかそれを判断することが難しい
からこそ、誰に投票すればよいのか
に悩んでしまうのですが、大仁田厚
さんの諦めない精神、意気込みだけは
伝わっていますので、当選した暁には
是非とも、佐賀県神埼市民の皆様を
元気付け、街を活性化していただきたいですね。

応援しています。
最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク