奥尻島(ツーリズムEXPO)ワイン人気急増!?旅費や行き方は?【沸騰ワード10】

こんにちは!takuです。

9月22日(金)  19時00分~

放送予定の【沸騰ワード10】

で北海道の奥尻島がフィーチャーされていました。

今奥尻は観光客が急増しているそうです!

奥尻島の魅力や人気の秘密はなんなのでしょうか!

僕はまだ北海道には1度しか行ったことがなく、

小樽、札幌、美瑛、富良野だけです。

もちろん北海道本島も素敵なスポットが

たくさんあるのですが、

奥尻島は聞いたところによると

島全体がそのまま自然公園に指定された

緑豊かな島。

いつか絶対に行ってみたい

島の一つになりましたので、

今日はいろいろ、奥尻島の魅力について

調べようと思いますっ

スポンサードリンク

1.奥尻島の魅力

奥尻島は、

1993年北海道南西沖地震による

巨大津波の災害により、

死者198人の死者・行方不明を出しました。

その時から、奥尻島のテーマは「復興」

今新しい様々なプロジェクトが続々

考案されているようです。

島の人口が2800人とわずかでありながら、

復興に向けて島民全員が一致団結し、

島の再生に取り組んでいるそうです。

奥尻の魅力をいくつか紹介します。

景色

言うまでもなく、

奥尻の大自然は観光客にとって大きな魅力です。

独特な透明感を持った青い海は

日本海とは思えないほどの透明度と輝きを放ち、

「奥尻ブルー」と呼ばれています。

出典元:http://unimaru.com/?p=18736

海はもちろんのこと、奥尻の魅力は山にもあります。

奥尻島は、ブナの森で有名です。

島の中には、ブナの森の特別な散策コースが設けられ、

その森の名前は「復興の森」と名付けられ、

訪れた人々をふかふかの山道で心も体も癒します。

出典元:http://1000nen-hokkaido.com/9town/local_info/okushiri.html

樹齢推定250年のブナの大木や

珍しい植物などが集まる森の中を

ガイドと一緒に散策することもできます。

「新日本歩く道紀行100選」

シリーズ森の道にも認定されました。

奥尻島西部には温泉も湧き出ているようで、

一日散策した後は夕日なんか見ながら

露天風呂、最高でしょうね!

食べ物

奥尻で有名なのは、

「ウニ」と「アワビ」。

かつて奥尻は、「宝の島」と言われていたほどに、

新鮮な海産物に恵まれており、

春から夏にかけてはイカ、カレイ、ホッケなど

様々な魚介類が水揚げされています。

そんな数ある奥尻「海の幸」の中で、

一番の人気食材なのが、

「ウニ」と「アワビ」なんだそうですね。

出典元:http://guide.travel.co.jp/article/4755/

は〜。食べたい。。 ( ;´Д`)

そして、実は昨今、

海産物だけでなく、なんと

奥尻はワインが有名なんです!!

むしろ、このワインが奥尻の復興を

支えているというほどに、

これを目当てに、奥尻島を訪れる

観光客が急増しているんだとか。

奥尻ワインにはミネラル分が多く

含まれており、時間をかけて

奥尻の潮風が海の恵みを

運んでくれていることにより

他では味わえない、

奥尻ならではの味わいがあるそうです。

葡萄品種は、メルロー、シャルドネ、

ピノ・ノワール、ピノ・グリ、

ツヴァイゲルトレーベ、ケルナー、

山葡萄など、栽培葡萄は、

約65,000本だそうです。

それが多いのか少ないのかは

わかりませんが (汗

出典元:http://sakaya-adachi.com/?page_id=333

奥尻のワイナリーの

公式HPを紹介します。

奥尻ワイナリー ↓

http://okushiri-winery.com/about.php

この奥尻ブランドワインが奥尻をさらに

活気づけることを願いますね!

シーズン

奥尻の観光ベストシーズンを紹介します。

一番行きやすい季節は、

やはり7-8月だそうですね。

奥尻の夏は

キャンプや、ウインドサーフィンに

最適な場所だそうですよ。

また、9月になると一挙に

釣りシーズンを迎え、

多くの方々が海産物を求めて

渡島してくるそうです。

奥尻は島ですから、

もちろん、島全体が

釣りスポットと言ってもいいです。

島の周囲15箇所ほど有名な釣りスポットがあります。

奥尻の主な釣りスポットに関しては

以下を参照してみて下さい。

http://unimaru.com/?page_id=70

スポンサードリンク

2. 「ツーリズムEXPO2017」とは?

ツーリズムEXPOとは、

日本全国・世界から旅の情報が集結する

世界最大級の旅の祭典だそうです!

その祭典に今年は奥尻島も参加されるそうです。

満を持しての出陣ですね!

9/23(土)に日本航空(JAL)ブース、

北海道観光振興機構ブースでPRされるそうです。

頑張って欲しいですね!

2017年は東京のビッグサイト(東展示棟)

で開催されるとのことですので

お近くに住む方や、

興味のある方は要チェックですね!

【日時】
2017年9月23日(土)10:00〜18:00、 9月24日(日)10:00~17:00
※9月21日(木)、22日(金)は業界関係者の商談会のため一般の方は入場できません。
【場所】
東京ビッグサイト東1-6、8ホール
【入場料】
■当日券 大人:1,300円、学生:700円(いずれも税込)
■前売券 大人:1,100円、学生:600円(いずれも税込)

【ツーリズムEXPO JAPAN2017】公式HP↓

http://www.t-expo.jp/public/#

3.奥尻にはいくらで行ける? 行き方は?

奥尻島へはフェリーを使います。

函館から江差港もしくは、せたな港から

フェリーに乗ります。

江差港からは2時間20分

せたな港からは1時間35分

の所要時間で奥尻島につきます。

値段は、出航港や座席にもよりますが、

だいたい2000円〜4500円の片道運賃です。

ですから、遠方からの方は、

このフェリー運賃に加え、

函館空港までの飛行機運賃+

港までのバス代(電車代)を加算して

計算すれば良いですね。

詳しいアクセス方法や、

運行状況、運賃、時刻表、

乗り場案内などは、

HeartLandFerryの公式HPを参照ください。

詳しく書かれていますよ。

http://www.heartlandferry.jp/okushiri/#acc

運が良ければ、

フェリーからイルカも見ることができるとか!

素敵ですね!

スポンサードリンク

4.奥尻人気宿 TOP3

問題は宿ですよね。

奥尻の宿TOP3を紹介させていただきます。

3位・・・・ 奥尻湯ノ原温泉ホテル緑館(一泊6638円)

奥尻島唯一の温泉宿だそうです。

2位 ・・・・ 旅の宿大須田(一泊4000円)

奥尻フェリーターミナルより車で5分という好立地条件。

1位・・・・ 奥尻島 御宿(おんじゅく)(一泊6500円)

口コミNo.1宿。味自慢の小さな宿だとか。

詳しい情報はじゃらんで検索くださいね。

http://www.jalan.net/ranking/yado/SML_013508.html

まとめ

ということで、今回は

1.奥尻島の魅力

2.「ツーリズムEXPO2017」とは?

3.いくらで行ける? 行き方は? ハートランドフェリー

4.奥尻人気宿 TOP3

を記事にしました!

奥尻に行った暁には

ワイン片手に、露天風呂に入りながら

奥尻ブルーの海を眺めつつ

ウニを頬張り、

島の復興を喜びたいと思いますっ!

島の住民の皆さん頑張ってください!

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク