宮沢氷魚の父親の現在!今も現役?住所は沖縄?島唄に隠された意味【コウノドリ】

こんにちは。takuです。

10月13日(金)夜10時〜

放送予定のドラマ「コウノドリ」

主演の綾野剛さん、松岡茉優さん

そして宮沢氷魚さんが登場します。

ん? 宮沢氷魚さんって誰?

と思う人もいるかもしれませんね。

宮沢氷魚(みやざわひお)さんは、

現在メンズノンノのモデルとして

活躍されており、さらには

コウノドリが俳優としての

デビュー作となるそうで、

今後テレビ出演も増えてくると

思われる注目若手俳優さんです。

それにしても、

どこかで見た事ない?この顔。

ってなりません?

今日はそのあたりの疑問に

お答えしていくかたちで

記事を書かせていただきます。

スポンサードリンク

1.宮沢氷魚の父親は誰?

宮沢氷魚(みやざわひお)さんの

父親は実は、THE BOOMの「島唄」

で有名な宮沢和史さんなんです!

なるほど!てなりますよね。

だって顔があまりにも似てますもんね。(笑

出典:http://daityan555.net/


どっちがどっちかわかります?

わかるか。

でも親子ってこんなにも似るものなのか

とあらためておどろかされますね。

ご存知の方も多いとは思いますが、

お父さんの宮沢和史さんは、

歌手です。

かつて「島唄」などで大ブレイク

大人気のアーティストでした。


息子は現在モデルで、

コウノドリで俳優デビューという事で、

父親の影響も受けたんでしょうね。

それにしても、「島唄」

懐かしいですね。

学生の頃によく聞いていたのを

思い出します。

曲を聞くと

自分の青春時代の思い出が

フラッシュバックするもんなんですね。

青春をありがとう。

スポンサードリンク

2.宮沢和史は今どこに住んでいる?

宮沢和史さんの出身は、

山梨県の甲府市になります。

まだそちらに実家があるとしたら、

そちらにも顔を出しているでしょうし、

グループとしての音楽活動を

休止されてからは、

沖縄県の沖縄県立音楽大学で

音楽講師として働かれているそうですし、

沖縄には何十年も拠点を

儲けているので、そちらに別荘もあるのは

確実ですね。

けれども、基本的似は

自宅は関東の東京都内にあると

言われています。

また奥様の光岡ディオンさんは

アメリカ人とのハーフでらっしゃいますし、

宮沢氷魚さんのうまれが

アメリカということも考えると、

アメリカロサンゼルスにも

家を構えているのかもしれませんね。

芸能人ってたくさん

住居があるので、

どこが本拠地かわかりづらいですね(汗

家族もばらばらに

なってしまわないのでしょうか。

とにかく、住所の特定までは

できませんでしたが、

おそらくその3-4箇所を拠点に

活動されているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

3.宮沢和史は今も現役?島唄の意味

グループとしては2014年に

解散(活動停止)を発表しましたが、

宮沢和史さん自身は、

アーティスト、音楽家として

今も活躍されています。

オフィシャルホームページでは、

2017年11月には日本最南端の

野外フェスに出演予定ですし、

11月3日には、本田美奈子さんの思いを

つなぐ音楽イベント「2017 FOR LIFE 音楽彩」

にも出演予定です。

また、数多くのアーティストに

楽曲や歌詞も提供していますので、

今後も、そのような自身が歌うのではなく、

プロデュース的な働きも継続していくことが

予想されますね。

そして、「島唄」から

20年の月日を経て、

宮沢和史さん本人が、

島唄に込められた想いと

その曲の真の意味を語られました。

島唄がヒットした当初は、

宮沢さんはあえて、その曲に

込められた意味や自身の想いを

語ることはなかったそうです。

なぜなら、その曲を聞くひとりひとりが

自由に想像してくれたらいいと、

ファンの自由意志を

尊重していたからだそうです。

月日が流れ、世界中でこの歌が

広まり、100人ものアーティストにカバーされ、

「ほんとはこんな歌じゃない?」

といろんな解釈が生まれてきたことから、

ある時をさかいに、そろそろ説明が必要

かもしれないと、2014年に宮沢さんは

自分の言葉でこのように語っておられました。

「沖縄民謡、三線の音にひかれて沖縄を好きになったけど、来てみたらそこには沖縄戦の爪痕がいっぱいあった。そこで『ひめゆり平和記念資料館』や地下壕を見学して回り、あまりにむごい戦争だったと知った。20万人近い人が亡くなり、そのうち9万人は一般人で、集団自決などもあったという。こんな希に見る悲劇が身近にあったことを、恥ずかしながら僕は知らなかった。だけど、僕みたいに知らない人がいっぱいいるんじゃないかと。伝えていかないといけないと思ったし、鎮魂の意味も込めて、そういう話を聞かせてくれた戦争で生き残った人たちに聞かせる歌を作りたかった」

引用:http://eiga.com/

沖縄の歴史を知った上で、

感じたことを綴った

反戦の意味、鎮魂の想いが込められた

歌だったんですね。

ロックバンドが三味線なんかかき鳴らして、

と批判もされたことがあったそうですが、

沖縄の人々の反戦、歴史の回顧をアーティストとして

できる限り寄り添いサポートし続けてきた

宮沢さんの活動は、現在多くの沖縄の方々

の心の支えとなっているそうです。

沖縄生まれではないのに、

これだけ沖縄の方々に寄り添う

宮宮沢さんの熱い情熱と人情が

本当に伝わってくるエピソードですね。

そして自分の利得を追い求めるための

ヒット曲を生み出すのではなく、

「歴史のエッセンスを語りつぐ」

「文化を生み出す」

というこの宮沢さんの活動は

本当に尊いものだと感じました。

宮沢和史さんの言葉を

最後にご紹介します。

誰が作ったかなんて子どもたちは知らないけど、そういう歌を僕は作りたかった。作った人なんてどうでもいい。でも残ってくれる歌を作れたことが誇らしいし、だからこそ20周年に『あとは頼むぞ』って子どもたちに手渡した感じもする

まとめ

ということで、

1.宮沢氷魚の父親は誰?

2.宮沢和史は今どこに住んでいる?

3.宮沢和史は今も現役?「島唄」に込められた意味

について記事にしました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク