マイケルジャクソンの化学的去勢ホルモン薬の名前や効果は何?なぜ子供できた?

こんにちはtakuです。
マイケルジャクソンが父親の
ジョー・ジャクソンから化学的
去勢薬を飲まされているということが
公表されました。

その薬について調査したいと
思います。

スポンサードリンク

マイケル・ジャクソンの主治医の証言

マイケル・ジャクソンの元主治医である
コンラッド・マーレイ氏が
マイケル・ジャクソンの父である
ジョー(ジョセフ)ジャクソンの死を
機に、父親がマイケル・ジャクソンに
去勢ホルモン薬を強要していたことを
明かしました。

その去勢理由とは、高い声を維持させるため
に行ったということらしいです。
その薬について掘り下げます。

こんにちは。takuです。 今、全米でまた日本でも あのジャネット・ジャクソン が整形に失敗して、 今鼻がとんでもないことになっている と話題になり始めています。 先週、同性愛...

マイケル・ジャクソンの化学的去勢薬の名前や効果は?

マイケル・ジャクソンを去勢したと
噂されるその薬の名前は、
「シプロテロン」と呼ばれる薬です。

父親がこのシプロテロンの投与を
行った理由としては、皮膚治療のため
だとされていましたが、実は皮膚の治療だけ
ではなく、声変わりを防止する効果や
結果的に去勢するという働きもする
抗男性ホルモン物質剤だそうです。

マイケル・ジャクソンはこの薬を
12歳のころから投与されることにより
思春期の成長を妨げられ、結果的に
あのようなハイトーンボイスの持ち主と
なっていたということが明らかになりました。

マイケル死去の報が世界をにぎわせた時、教授はマイケルが1つの超常現象であることに気づいた。その理由を、マイケルが「カストラート(少年の声域を保つために去勢した男性歌手)の声」の持ち主だったことにあると感じた教授は、内分泌学者ら同僚の医師たちと議論を重ね、マイケルの声域の広さは抗男性ホルモン物質「シプロテロン」による化学的な去勢が原因との結論に至った。

「マイケルが12歳のころに皮膚疾患に悩んでいたことは、マイケル自身も悲惨な経験として語っている周知の事実だ。おそらく、マイケルは周囲の人間から、特効治療薬としてシプロテロンを勧められたのではないか」(ブランシェロー教授)

引用:http://www.afpbb.com/

その父親が声変わりを防ぐ目的で
マイケルに投与していたのかどうか
その真相ははっきりしませんが、
皮膚治療のための
その抗ホルモン剤の投与により、
結果的に、マイケルジャクソンの
声が変わらなかったこと、
そして去勢してしまったこと
は確かなことですね。

確かに見方によっては
虐待と言える行為でしょう。

スポンサードリンク

マイケル・ジャクソンになぜ子供ができたのか

最初この報道を読んだ時、
去勢されていたのに、子供いるじゃん
と少し不思議に思いました。

ただ、マイケル・ジャクソンには
子供が3人いますが、
いずれも実子ではなく精子提供、代理母
による出産であることは
有名な話
です。

ですから、シプロテロン投与による
去勢というのは本当の話であると言えますね。

マイケル・ジャクソン自身もそうですが、
子供たちも本当に複雑な人生を
歩んで来たのですね。

お金や名声があっても
それが=幸せとは限らない
ということの典型のような気がします。

こんにちは。takuです。 10月14日(土)  18時30分~ 放送される【めちゃ2イケてるッ!】 では、待望の岡村オファー企画 20周年記念ということで、 な...

まとめ

ということで今回は
マイケル・ジャクソンに投与された
去勢薬シプロテロンについて
記事にしました。

こんにちはtakuです。 ジョー(ジョセフ)ジャクソン が息子であるマイケル・ジャクソンに 去勢薬を飲ませていたという ことが明らかになりました。 マイケル・ジャクソンの父親であ...

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク