松尾貴史と現代アートの接点は?折り顏が見れる場所はカレー店?!【日曜美術館】

こんにちは。takuです。

テレビ番組、【日曜美術館】に出演される松尾貴史さん。

 

3年ごとに開催される、現代アートの祭典 

 

ヨコハマトリエンナーレ2017

http://www.yokohamatriennale.jp/2017/

を特集する番組のリポーターとしての抜擢だそうですね。 

そこで僕は、ふと疑問に思うことがありました。

「松尾貴史さんと現代アートに何の関連性があるの?」

ということで今回は

松尾貴史さんと美術(現代アート)との接点

について調べることにしました。

その中でわかってきたことやためになる情報

  • 松尾貴史さんの芸術家としての経歴
  • 現代アートの魅力とその周辺情報
  • 松尾貴史さんの作品に触れるための方法

などを今日はいくつか紹介しようと思います。

芸術に興味のある方は、ぜひとも参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

1. 松尾貴史さんと芸術との接点  

まず、松尾貴史さんがどのような経歴を持つ方なのかを調べてみました。

松尾 貴史(まつおたかし) 

プロフィール
誕生日 : 1960年5月11日生まれ
本名 : 岸邦浩
愛称 : キッチュ
身長 : 176cm
出身地 : 兵庫県神戸市生田区
学歴  : 大阪芸術大学芸術学部デザイン学科グラフィック・デザイン専攻
略歴 :
89年(29歳)テレビ「笑っていいとも!」に出演。
02年(42歳)テレビ「サタモニ」に出演(司会)。
07年(47歳)NHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」に出演。
※他の主な出演:
舞台 「しかたがない穴」
映画 「ALWAYS 三丁目の夕日」「日本沈没」「日本以外全部沈没」
ドラマ「相棒」「龍馬伝」「水戸黄門」
テレビ「週刊おもしろパソコン」「素敵な土曜日」「モーニングバード!」
ラジオ「夜マゲドンの奇蹟」「チダラマッカ」

タレント、ナレーター、DJ、俳優、折り紙作家、コラムニスト。
大のカレー好きで、カレー店も複数経営している。

出典元:http://www.starblog.jp/sid-20906.html

https://www.pasonica.com/松尾貴史/

この略歴を見てお分りかと思いますが、

芸大出身でビジュアルデザインを専攻されていたんですね。

また、折り紙で顔を創り出すという

ものすごい才能を持っておられることもわかりました。

「 折り顏 」と呼ばれているそうですね。

http://www.origao.jp/

また、俳優として、映画や舞台に立つだけでなく、

多数本を出版し、お店まで経営しているという

マルチな才能を持っている方なんですね。

まさに芸能人という感じです。

僕は、テレビに出演している「芸能人」

としての松尾貴史さんは知っていたのですが、

このような芸術家としての一面(むしろそちらがメイン?)

を持っておられる方だったとは知りませんでした。

2. 現代アートの魅力と美術館紹介

僕は8年くらいまえのことだったでしょうか、

結婚したばかりの妻と一緒に、

瀬戸内芸術祭に参加してきました。

http://setouchi-artfest.jp/

瀬戸内海に点在するたくさんの島を会場に

多くの芸術家が様々な作品を

島の各所に展示しており、

船でその島々を巡りながら

作品を鑑賞していくというものでした。

瀬戸内海のロケーションも、

地方活性を目的としたイベントのアイデアも

妻と過ごした時間もすべてがよかったのですが、

ただ一点だけ感じたのが、

現代アートが表現しているものって何だろう・・。

芸術的センスゼロの僕ですから、

解説なしに、現代アートの作品を見ても

「 ? 」

となってしまうわけですね。

9月10日に放送される

【日曜美術館】

の中で、松尾貴史さんはゴジラをモチーフにした作品や、

戦後の物質社会を表現したインスタレーションなどを

鑑賞するそうですので、

そこから「芸術家」としての松尾貴史がどのようなことを感じ、

表現(コメント)し、現代アートを紐解くのかが楽しみですね。 

現代アートの世界観の理解に乏しい僕でも、

少しでもその魅力に目が開かれたらいいなぁ。

その他、

現代アートで有名な美術館を紹介しているサイト

もリンクしておきますね。

現代アートって面白い!今すぐ行きたくなる日本全国の“美術館”15選

スポンサードリンク

 

3. 松尾貴史さんの “折り顏” が見れる場所 ~カレー店~

 

松尾貴史さんが

カレー店

を経営されているって知ってました? 

カレーがものすごく好きで、お店まで出しちゃったそうですね。 

http://www.pannya.jp/

東京の下北沢

大阪の福島

にお店があるそうなので、

機会があれば一度行ってみようと思います!

興味のある人は、上のHPから

場所や営業時間など参照して下さいね。

しかも、そのカレー屋さんに行くと、

なんと

折り顏の実物が見れる

そうです!

すごいっ、見てみたいっ。

なんでも、お店に飾るものがなかったから、

自分で折り紙で折り紙を折って

ディスプレイにしているそうですね。

うわぁ、クリエイティブ〜。

ますます行ってみたくなりました。

まとめ 

  

ということで、今回は

  1.   松尾貴史さんと芸術の接点
  2.   現代アートの魅力と美術館紹介
  3.   松尾貴史さんの折り顏が見れる場所 ~カレー店~

について紹介させていただきました。

自分の持てる才能をフルに活かしながら

自分にできる表現方法で、

世に発信していく。

人生を楽しんでいる人でないと

できないことですね。

「不謹慎、無意味、中途半端」

という言葉は、

松尾貴史さんが好きな言葉(座右の銘)だそうです。

僕は、この言葉の反対を生きている人だからこそ

そう言えるんじゃないかなと感じました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク