紅蘭が難病!病名や症状は?コスタリカが原因?患者数や治療法、病院はどこ?

by Instagram

こんにちは。takuです。

12月1日の

「梅沢富美男のズバッと聞きます!」

の番組で草刈正雄の愛娘紅蘭さんが、

難病にかかっていたことを初告白

しました。

その難病とは一体何なのか、

病名、症状、治療法について、

またその難病にかかった原因や

通院されている病院について

調べてみることにしました。

スポンサードリンク

1.紅蘭が難病を告白

芸能界という、常に共演者や

国民の目に晒される場所で働く

タレントさんにとって、

自分の身の上特に否定的な部分を

明らかにすることには、

勇気がいることですよね。

そんな中で、紅蘭さんは自身が

「難病」であることを公表しました。

これは、同じような病で苦しんでいる人を

励ます意味も込められているのでしょうか。

過去に難病をしていたけれど、

今は大丈夫です。とかならまだしも、

現在進行形の病を公表するのは

勇気のいる行動ではないでしょうか。

いずれにせよ、勇気ある立派な発言の

ように私は思いますが、皆さんは

いかがでしょうか。

一体どのような病なのでしょうか。

2.紅蘭の難病の病名や症状は?

by Instagram

実は、紅蘭さんがかかっている病気には

これといった病名がついていません。

というのも、その病気の原因が未だに

つかめていないというのです。

より深刻ですよね。

ただ、食事も、炭水化物、糖質も取らずに

生活をしているにも関わらず、

1ヶ月で8kg太ったりと通常では

考えられない症状だというのです。

まだ28歳という若さなので、

お医者さんも、まさか食事の理由以外に

そんなに太るはずはないとの診断を下して

しまったほどだそうですが、

最終的には、 「ストレスが原因」というなんとも

ぼやっとした診断結果が出ているようです。

毎月1回、血液検査もして、

毎日薬を飲んでいるそうです。

病気の原因もわからないのに、

症状だけから判断して、

薬を服用するのも、考えると

なんだか恐ろしいはなしですよね。

血糖値がたかいのでしょうか、

糖尿病と同じような治療をしているんだとか。

スポンサードリンク

3.コスタリカが原因?

実は、紅蘭さんは2017年8月に

「世界の村で発見!こんなところに日本人」

の番組ロケに参加し、

中米コスタリカへ渡りました。

目的地である、20人が住む集落に

向かう途中に、現地(ミラレーという街)で

突然体調を崩し、病院に向かったそうです。

15分おきにもどし、救急で診察を受けると

血液検査の結果 ウイルス感染による

体調悪化と診断されたそうです。

点滴を4本も打ち、2日間絶対安静という

結構な深刻な状態だったそうです。

診断結果としては、現地での空気感染や、

食事によるウイルス感染ということなのですが、

中米ですからね。どのくらいの規模の病院に

行ったのかはしりませんが、結構むちゃくちゃな

診断をする外国の病院ってありますからね。

僕もスリランカの病院に行ったことがありますが、

それはそれは、大変でした。建物は大きいのに、

ワンフロアのぶち抜きで、患者同士(病室)は

何も敷居などで区切られておらず、

エアコンもない。病院の中に猫が歩いている

という状態。^ – ^

診察も適当でした。

もちろん紅蘭さんはその限りではありませんが、

どのウイルスにかかったのかが問題ですよね。

東南アジアなどで、デング熱などに感染した場合、

症状によっては、表向き回復したように見えても

まだ ウイルスが何ヶ月も潜伏して、倦怠感、微熱

自律神経の乱れなどを引き起こすとも言われています。

紅蘭さんの場合も、ひょっとすると

その中米で感染した、ウイルスが原因で

バランスを崩している(?)のかもしれません。

もちろん断定はできませんが、ありとあらゆる可能性を

考慮して、応急処置的な治療ではなく、

なんとか原因を突き止めて、最善の治療をしていただきたい

ものですね。

4.患者数や治療法について

by Instagram

紅蘭さんの病気は特定できないのですが、

症状としては 第2型糖尿病の

症状に近いと言います。

2型糖尿病とは一体どのような

病気なのでしょうか。

調べてみると次のような、

情報にたどり着きました。

2型糖尿病は血液中のブドウ糖(血糖)が正常より多くなる病気です。          初期の頃は自覚症状がほとんどありませんが、血糖値を高いまま放置すると、徐々に全身の血管や神経が障害され、いろいろな合併症を引き起こします。

2型糖尿病は体質(遺伝)や高カロリー食、高脂肪食、運動不足などが原因と考えられ、その結果、インスリン分泌の量やインスリンの効き具合が低下し、インスリンの作用不足が起こります。
インスリンは、すい臓のβ(ベータ)細胞で作られるホルモンで、血糖値を下げる働きがあります。
2型糖尿病では「インスリンの作用不足」を改善し、血糖値を上手にコントロールすることが大切です。
そうすることで、病気の進行を防ぎ、合併症を予防することができます。

引用:https://www.diabetes.co.jp/diabetes/

つまり、症状でいうと、原因は二つ

  • インスリンの作用不足
  • ブドウ糖の利用低下

という体の異常が特徴ということですね。

ですから。治療法としては、インスリン作用を

促す薬の投与、血糖値を下げるための治療ということに

なりますね。

およそ、28歳がしないような治療内容です。

インスリンを分泌する膵臓のはたらきが低下して

しまっているのでしょうか。

現在日本国内での 糖尿病患者の数は、

実に350万人を超え、糖尿病予備群を含むと

なんと 1000万人にものぼります。

生活習慣病の一つとして、今後注意が

必要なメジャーな病気であることがわかりました。

スポンサードリンク

5.通院している病院は?

紅蘭さんが通院している病院は

残念ながら特定はできませんでしたが

東京都内の紅蘭さんの事務所がある

世田谷区で有名な糖尿病治療を施している

病院は次のようになります。

このいずれかの病院にかかっている

可能性がありますね。

一刻も早く完治して、

元気に芸能活動を続けて

いただきたいですね。

紅蘭さんがパーソナルトレーナーに

なろうとしたきっかけというのも、

他の人が紅蘭さんのような病気に

かからないためにも、トレーニングを

楽しんで、外見だけでなく、内面も

ハッピーになってストレスを軽減する

そんな活動がしたいという思いからだそうです。

すばらしいですね。

お父さんの草刈正雄さんも

どれほど心配されていることでしょう。

僕も娘がいますので、心中お察しします。

これからも頑張ってください。

応援しています!

まとめ

ということで、今回は

1.紅蘭が難病を告白

2.紅蘭の難病の病名や症状は?

3.コスタリカが原因?

4.患者数や治療法について

5.通院している病院は?

について記事にしました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク