スッキリ加藤浩次ブチギレ【動画・音声あり】「なんだよそれ」を検証! 

こんにちは。takuです。

23日の「スッキリ」で

日テレとフジが元SMAPの

香取、稲垣、草薙さんを”排除”

するようなVTRを流したことに対して

「なんだよ、それ」と 生放送でブチギレした

ことが話題になっていますね。

実際どのような シチュエーションだったのか、

本当にブチギレていたのか、そして どんなVTRだったのか

動画と音声を元に検証してみました!

スポンサードリンク

1.問題の発端となった「GQ MEN OF THE YEAR 2017」授賞式

まず、加藤浩次がブチギレるに至った、

問題の発端となったできごとは、

前日の22日に行われた

「GQ MEN OF THE YEAR 2017」の授賞式

でした。

GQ MEN OF THE YEAR 2017というのは

”今年最も輝いた男性著名人”ということで

該当する男性に送られる毎年恒例の賞で、

2017年今年は、稲垣、草なぎ、香取の元SMAP

の3人と、そのほかに、レーシングドライバーの佐藤琢磨さんや、

俳優の長谷川博己、芸人のロバート秋山竜次、将棋の佐藤天彦名人、

ミュージシャンの野田洋次郎、俳優の斉藤工の計9名が受賞しました。

その時の、授賞式の様子が、次の動画です。

短い動画ですが、

特に立ち位置などに注目して見てください。

このVTRを見て、明らかに目に入るのが、

中心に立っている

元SMAPの3人ではないでしょうか。

今月のAbemaTVの72時間本音テレビに

出演した3人は、 番組訪問者数7000万を

超える世界ギネス記録も打ち立て、

新しい歴史を作りました。

そんな彼らですから、注目されるのは

当然でしょう。

けれども、民放の日テレとフジは

次の日の報道で不思議な編集をして

映像を放送しました。

スポンサードリンク

2.加藤浩次がブチギレた理由(元SMAPの扱い)

普通の流れで行くと、

当然元SMAPの3人が

真ん中に立っているわけですから、

普通にその様子を放送するなら、

草なぎ、香取、稲垣がメインで放送される

はずですよね。

主催する雑誌「GQ JAPAN」の

表紙もこの3人が飾っているので、

その流れは自然なのですが、

ところが、民放の日テレとフジは

それを見事にスルーして、

両脇の6人を3人ずつにカットして

編集し、放送VTRを製作していました。

VTRを流している時点で、

加藤浩次さんが、思い出すようにして、

「あ、そっか、スマップの3人も受賞してんだ」

と気づいた発言をします。

ところが、 VTRでは出てこないんですね。

そして、ワイプが加藤浩次からすかさず

近藤春菜さんに写った際に、

横から、事情を知った加藤浩次さんが

「なんだよ、それ」とキレ発言をしました。

その音声が、マイクを通して

放送時にばっちし入っているので、

話題になっているんですね。

フジテレビ側が、ジャニーズ事務所の反応を

気にするがあまり、同事務所から喧嘩別れをするようにして

解散した元SMAP3人を番組で取り扱わないという

なんとも分かり易すぎる編集。

それに気づいた、加藤さんが

失望してつい言葉をこぼしたという

次第です。

この日テレとフジの対応について、

ネットではすでに

多くの批判の声が殺到しています。

「忖度か圧力か知らないけど誰の為に番組を作っているんですか?」「ニュースを伝える番組なのに恥ずかしくないのか」「圧力かけるのも許せないけど、事なかれ主義のテレビ局も共犯」「フジと日テレに失望。これからはテレ朝を見ます」

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/13936032/

では、実際どのようなシチュエーションだったのか、

本当にブチギレていたのか、スッキリの番組放送の様子

から加藤浩次さんのブチキレ具合を

音声と映像を元に検証してみました!

スポンサードリンク

3.加藤は本当にブチギレていたのか(スッキリ動画音声検証)

その話題となっている

スッキリの放送での映像はこちらになります。↓

お分りいただけたでしょうか。

ワイプに加藤さんの顔が写っていませんし、

ささやき声なので、聞こえにくいとは思いますが、

「あ、そっか香取くんと草なぎさんとゴロちゃんも

受賞してんじゃん」といったあと、

そくフレームアウト、ワイプが近藤春菜へ。

そしてその直後に横から

確かに

「なんだよ、それ」

と声をこぼしていますよね。

おそらく、近くの共演者に

事情を短く聞いたか、

もしくは、「何で映してねえんだよっ」

という心の声が表に出てしまい、

思わず口走ってしまったのでしょう。

春菜さんも空気を読んで、全くの

無表情で、ワイプに写っています。笑

そして、しばらくして

加藤さんにワイプが戻った時に

頭を抱えるようにしてうなだれている様子

ばっちし写っちゃっていますね!

心の中で「なんじゃそれ〜」と

失望混じりの怒り(いらいら)感情を

ぐっとこらえて、頭で整理しているように

見て取ることができますね。

もしくは、「うわ、言ってもうた。

これ音拾われてたかな〜?」

という後悔(?)のような重いからかもしれませんね。

いずれにせよ心の中で

思っていることが声に出ちゃいますからね。

ニュース番組司会者も即座の対応が求められますから

大変ですね。

スポンサードリンク

まとめ

どうでしたでしょうか。

ブチギレ!というほどでも

ないのですが、

確かにイラっとしている様子

伝わってきました。

それは加藤さんだけでなく、

この実情に気がついた

日本国民が、同じように感じている

「なんだよ、それ」だと思います。!

この映像からもわかるように、

大手のテレビ局、企業、病院

人が集まるところ、

組織と言われるところには、

やはり少なからず闇(忖度)

の領域が必ずあるんですね。

圧力と権力によるメディア操作、

情報操作、こういったものが

揶揄されるべきテレビ局が

そのような状態になっていることを

露呈してしまった今回の放送は

小さいようでいて、実は大きな

問題として取り上げられるべき

メディアの実態なのかもしれませんね。

ということで、今回は

1.問題の発端となった「GQ MEN OF THE YEAR 2017」(授賞式VTR動画)

2.加藤浩次がブチギレた理由

3.加藤は本当にブチギレていたのか(スッキリ動画音声検証)

について記事にしました。最後まで読んでくださりありがとうございます。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク