次世代タクシー【画像】に注目!ユニバーサルデザインとは?特徴と魅力は?

引用:https://style.nikkei.com/

こんにちは。takuです。

トヨタが次世代タクシーを

発表しましたね。

「次世代タクシー」とは

一体どのようなものなのでしょうか。

今回はその特徴と魅力について

調べました。

スポンサードリンク

1.次世代タクシーとは何か

|目的

この次世代タクシーというのは、

読んで字のごとく、

近い将来に需要が見込める

次世代のニーズにこだわった

新コンセプト、新デザインのもと

製造されたタクシーのことで、

東京オリンピックにおける観光客

の増加や高齢者のための利便性

などが考慮された設計となっています。

|製造メーカー

現在のところ日産とトヨタが

製造メーカーとして他を牽引しています。

もちろん需要がませば、

その他の企業も次々に

参入してくると予想されますね。

この記事では、主にトヨタ産の

次世代タクシーについて

焦点を当てています。

|生産台数

全国のタクシーの台数は約22万8000台

と言われています。そのうち東京都は

4万5000台、2020年までに、

そのうちの3分の1を次世代タクシー

に切り替えるという方針を

日本タクシー協会がトヨタと共同で

打ち出しています。

ですから、他社も含めると

さらに多く、生産されるとの見込みです。

スポンサードリンク

2.ユニバーサルデザインとは?

|特徴

従来のタクシーと何が違うのか

と言いますと、簡単に言うと

  1. 広さ
  2. 高さ
  3. 安全性
  4. デザイン(形、色)

などが挙げられます。

|魅力

広さは従来のセダンタイプよりも

後ろにかなり広くなっているということで、

後部座席に車いすごと入れる他、

トランクに大きなスーツケースを寝かせて

2台重ねられるほどのスペースがあります。

高さも従来より20cm高いため、

背の高い外国人のためにも

ゆったりと乗車することができます

自動ブレーキなどの機能も

搭載している新モデルなので、

衝突事故、などのリスクも

格段に減るでしょう。

デザインが少しレトロな

ロンドンのタクシーににており

色は藍色で統一されるため、

ビジュアル的にも、東京都の顔

となるシンボリックなデザインが

施されています。

|シンボル

デザイン形や色だけでなく、

東京オリンピックにちなんで、

そのロゴマークが

一台一台にプリントされている。

一目で、東京オリンピックのために

新しく開発したということが

わかる設定。

つまりこれは、日本の

「おもてなし」を見える形で

表現している、日本人の心を

伝えるツールとしても

用いられる。

スポンサードリンク

3.今後の需要は?

|高齢化

車内には、手すりや

持ちやすいつり革が

新しく搭載されていて、

非常に乗りやすくなっています。

|観光客

中が広々としていますし、

荷物も乗せやすいように

トランクも広々としています。

一目でタクシーとわかる

デザインとなっています。

|障害者

車椅子のまま乗車できるので、

介護タクシーの予約なども必要なく

非常に利便性がましますね。

こういったことからも、

今後需要が増すことは

間違い無いですね。

最初は東京から始まり、

今後は、全国へ

このタクシー業界の革新が

広がっていくことと

思います。

課題としては、

車の製造費が

高くなることによる

運賃の値上げや

乗車客の種類によって

様々な対応を迫られる

運転手(従業員)の

対応力といった

ところでしょうか。

早く乗ってみたいですね。

乗りごごちなども確かめて

みたいですね。(^O^)/

良い点ばかりではなく、課題点

などについても触れています。

こちらの記事をどうぞ。↓

こんにちは。takuです。 トヨタが次世代タクシーを 発表しましたね。 その特徴や詳しいデザインに関しては こちらの記事を参考にしてください。↓ ...

まとめ

ということで今回は、

1.次世代タクシーとは?

2.ユニバーサルデザインとは?

3.今後の需要は?

について記事にしました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク