相楽樹(さがらいつき)石井裕也監督となぜ?結婚理由やモテるワケ経歴性格も!

こんにちは。takuです。
女優相楽樹(さがらいつき)さんと
映画監督の石井裕也監督が結婚しましたね。

石井裕也監督は満島ひかりさんとも
結婚離婚歴があります。

なぜ石井裕也氏はモテるのでしょうか。
気になったので調査することにしました。

スポンサードリンク

石井裕也監督の経歴


by Instagram

プロフィール

名前:石井裕也

本名:同上

生年月日:1983年6月21日

年齢: 35歳

出身地:埼玉県浦和市

身長:不明

職業:日本映画監督

石井裕也監督は川越東高等学校を経て、
大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業後、
日本大学大学院芸術学研究科映像芸術
を専攻し、修士課程を修了しています。

主な映画作品としては、

『川の底からこんにちは』
『あぜ道のダンディ』
『舟を編む』
『ぼくたちの家族』
『バンクーバーの朝日』
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

などがあります。

1983年、銀行員の父を持つ二人兄弟の次男として生まれる。7歳のときに母を病気で亡くし、父親に育てられる。映画監督になろうと決めたのは高校生のときで、幼い頃から生と死に対する意識を強く感じており、自分にとって生きている事への実感に行きついたのが映画を撮る事だった。大阪芸術大学進学後は映画制作のためにひたすらバイトで制作資金を稼ぎ、映画を作り続けた。

引用:Wikipedia

2005年『剥き出しにっぽん』第24回そつせい祭グランプリを受賞
2007年 第29回ぴあフィルムフェスティバルにおいてもグランプリを受賞。
2008年 『剥き出しにっぽん』『反逆次郎の恋』
『ガール・スパークス』『ばけもの模様』
第32回香港国際映画祭においても長編4作品が特集上映され、
アジア・フィルム・アワードでは第1回「エドワード・ヤン記念」
アジア新人監督大賞を受賞。

2009年、第19回PFFスカラシップ作品長編映画『川の底からこんにちは』
第60回ベルリン国際映画祭正式出品、
モントリオールファンタジア映画祭で作品賞を受賞。
第53回ブルーリボン賞監督賞を史上最年少(28歳)で受賞。

2013年9月、松田龍平主演の映画『舟を編む』
史上最年少(30歳)で第86回アカデミー賞外国語映画部門日本代表作品に選出。
第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞や最優秀監督賞、
芸術選奨新人賞(映画部門)など国内の映画賞も多数受賞。

などなどとにかく数多くの受賞経験がある
現在若手の実力派映画監督です。

若くして父親を無くした経験からか「家族」を
テーマにした映画作品が多い特徴があります。

2010年に女優満島ひかりさんと結婚しますが、
2016年には離婚しています。

スポンサードリンク

相楽樹(さがらいつき)の経歴プロフ

by Twitter

プロフィール

名前:相楽樹(さがら いつき)

本名:不明

生年月日:1995年3月4日 

年齢:23歳

出身地:埼玉県

身長:162cm

体重:不明

職業:女優

2009年、中学3年生の夏休みに
竹下通りでスカウトされ、その後
イトーカンパニーに所属します。

2010年、本格的に芸能活動を開始し、
7月に『熱海の捜査官』で女優デビューを果たす。

12月14日に1st写真集『はじめてのスキ』を発売。
2016年度前期のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で
高畑充希演じるヒロインの妹役を演じて、
「昭和顔」の女優などとして注目を集めます。

その後も、映画やドラマに出演する機会が増え、
今後も活躍が期待できる新人女優として
期待されていた矢先でのまさかの一回り
年の差での石井裕也監督との結婚、そして
妊娠という報道に、事務所も含め多くの方々が
驚きを隠せないようです。

出産は年内を予定しています。

スポンサードリンク

石井裕也監督はなぜモテるのか


by Instagram

石井裕也監督については、
正直なところ、男前なのか
どうか疑問なのですが、
満島ひかりさんそして、
今年相楽樹さんと結婚ということですから
モテるようですね。

なぜなのでしょうか。
やはり映画監督というのは
女優にとって憧れの存在なのでしょうか。

「監督の仕事は演出ですから、女優を演出するなかで濃密な付き合いをしていきます。それによって、ぶつかることも少なくありませんけれど、それと同じくらい親密になることも多い。同業者で話が分かるうえ、同じ釜の飯を食った仲間となれば、話は早いですよね」と、前出の映画関係者は続けた。

引用:https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20180623/Gendai_470258.html?_p=2

映画監督がモテる理由として

  1. 女優にとって尊敬できる対象。
  2. 女優を美しく、奇麗に撮ろうとし、実際に撮ってくれる。
  3. 映画の撮影現場ではガンガン仕切りますが、それ以外では、
    女優さんを大切にしてくれるなどのギャップ

監督ですから、女優さんを演技指導します。
なのでリーダーシップがある男性であるだけでなく、
女優さんに対する優しい一面も持ち合わせてる
場合が多く、そのギャップが女優さんにとっては
魅力的に映ると言われています。

スポンサードリンク

相楽樹(さがらいつき)と石井裕也監督の結婚理由

by Twitter

上記にあげたような、
一般的な理由を加味すると、
映画監督として数々の華々しい
成功を収めていることそのものにも
もちろん魅力あることだとは思いますが、

どちらかと言うと、やはり
個人対個人のやりとりを通して
一人の女性として映画監督の
「男性らしい」一面に触れて、
頼り甲斐のある男性に見えたことが
大きな理由ではないでしょうか。

相楽樹さんは石井裕也さんの映画には
出演したことが内容ですが、
以前から石井裕也監督を憧れの監督として
語っており、いつか映画に出演したいと
こぼしていたようです。

共通の友人を介しての出会いから
妊娠結婚へと発展したようです。
映画の出演を飛び越して
いきなり結婚になっちゃいましたね。

奧さんになるということは、
今後旦那の作る映画に出演することは
難しいでしょうかね。

満島ひかりさんとの離婚は、
満島ひかりさんが仕事を優先させたかった
ことが理由だったようですが、
相楽樹さんの場合は、子供と家庭を
大切にしたいとコメントしていることからも
仕事も大事だとは思いますが、
どちらかと言うとプライベートの方を
大切にするタイプなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

事務所(関係者)やTwitterの反応

by Twitter

何れにしてもめでたいお話ですが、
今後の活躍を期待されていただけに、
このタイミングでの妊娠、結婚に関しては
事務所も含め、賛否両論あるようですね。

今回の結婚について、不穏な空気を感じ取っている人たちもいる。

「相楽は、いま、いちばん仕事がのっている時期だと思います。いや、これからもっと活躍が期待されています。事務所もそのつもりで彼女に力を注いでいるはずです。そんなときにいきなり結婚ですからね。しかも妊娠しているということで、降りなければならないCMもあるでしょう。秋には公開予定の映画がありますが、舞台挨拶もできないかもしれません」(芸能プロ関係者)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180624-00012670-jprime-ent 

この妊娠に関しては、突然のことですから、
ひょっとすると当人たちもそこまでは
予定できていなかったことなのかもしれませんね。
本人たちよりも、事務所やまわりの関係者の方に
波紋がおきているような印象を受けますね。

「結婚、妊娠だけでも驚きですが、“引退宣言”まで出てしまったので、さぞかし事務所は困惑しているでしょう。人気も出てきて、これからどんどん仕事をしてもらおうと思っていたときに、突然の結婚。しかも妊娠もしているという。

そして追い討ちをかけるような“宣言”。事務所が事前に報告を受けていたら、許可しないと思いますから、ブログへの記述はある意味、強行突破だったんじゃないでしょうか。自分勝手な二人に対して、事務所はかなり憤りを感じているそうです。彼女には何らかのペナルティが課される可能性もありますね」(ワイドショースタッフ)

石井氏は女優として相楽が置かれている状況を解っていたはずなのに、結婚・妊娠という道を選んだ。これに対して事務所が怒るのも無理からぬ話だろう。おめでたい話に水を差すようなことにならなければいいのだがーー。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180624-00012670-jprime-ent

では世間はこの結婚をどのように見ているのでしょうか。

やはり、驚いている人が多いようですね。
印象的なのが、木南晴夏さんとの結婚と
同じ日だったためか、二人を並べて
コメントされている方が多かったことですね!

by Twitter こんにちは。takuです。 俳優の玉木宏と木南晴夏さんが 電撃結婚されますね! パチパチパチ! 玉木宏はなぜ木南晴夏を 選んだのか? 早...

まとめ

ということで、今回は
映画監督の石井裕也さんと
相楽樹さんの妊娠結婚について
記事にしました。

事務所とのやりとりは今後も
いろいろと難しい面もあるかと
思いますが、才能溢れるお二人
ですから、出産結婚後も
この業界で二人揃っていよいよ
活躍していただきたいですね!

おめでとうございます。
お幸せに!

最後まで読んでくださり
ありがとうございました!

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク