AbemaTVアベマ藤田社長の年収は?経歴や学歴、72時間ホンネテレビの儲け(稼ぎ)や自宅は? 

こんにちは。takuです。

先日AbemaTVでの元SMAPの3人

草なぎ、香取、稲垣トリオ

による、72時間ホンネテレビの反響は

ものすごかったですね!

見事視聴回数世界トレンド第1位を

獲得しました。

その視聴数実に7400万超というのですから

驚きですっ。

by Twitter

この72時間ホンネテレビの結構序盤で、

AbemaTVの運営をしている藤田社長が

登場しました。

この社長の年収や経歴について、

また、このギネス、世界トレンド第1位を

獲得した社長の儲けがいくらくらいなのか、

どんなプライベートを過ごしているのか

などが気になりましたので、

記事にすることにしました。

スポンサードリンク

1.AbemaTV藤田社長の年収は?

藤田社長は、AbemaTVの社長という肩書きではなく、

厳密には、AbemaTVも手がけている社長と表現するほうが

正しいです。

藤田社長の会社はサイバーエイジェントという会社名です。

この名前を聞いた方はたくさんおられるのではないでしょうか。

そう、Amebaブログのシステムを構築した社長ですね。

ですから、テレビに関しては、Abemaなんですね。

多くの人が、AbemaTVをAmebaTVと間違えるのは

このためです。

藤田社長自身も、このAbemaTVのネーミングを

少し後悔しているという噂があります。笑

なんでも、藤田社長自身が、

社内で、間違ってAmebaTVと

言ってしまっているくらいだそうです。笑

ということで

この藤田社長は、

AbemaTVのみで、収益を

計上しているのでなく、

会社の経営の一つの分野として

AbemaTVを手がけているといった

理解でよろしいかと思います。

そして、このサイバーエイジェント社長の

藤田さんの年収は、

2016年で、7.5億円と言われています。

そう資産額は、実に730.6億円

だそうです。

アメリカフォーブス誌が選ぶ

日本人富豪50選にも選ばれていますので、

ヒルズ族と言われるだけあって、

超がつくリッチな人物です。

どんな毎日を送っているんでしょうね。^ – ^

2.AbemaTV藤田社長の経歴や学歴

出典:http://college.nikkei.co.jp/

藤田晋(ふじたすすむ)

1973年5月16日

福井県出身で、青山学院大学では

結構な堕落した生活(麻雀三昧)で、

バイトの掛け持ちなんかをしていたそうで、

授業にもそんなに出席しなかったんだとか。

なんだか意外ですね。

授業に行っていなくても、

きっといろんなアンテナを張り巡らしながら、

勉強はしていたんでしょうね。

ただ、その大学時代にしていたバイトというのが、

営業の仕事で、その時から営業成績は抜群だったそうで、

大学卒業後は、大手人材派遣会社(インテリジェンス)へ就職し、

1年目にして、営業成績は抜群だったとか。

大学時代に営業をしていた、会社の社長が

別の会社を起業する際に、

藤田さんをヘッドハンティングしようとしましたが、

その際に、藤田さんは、インテリジェンスの

社長に相談したそうです。

すると、その社長は

「藤田、お前がやれ。」と

一人で独立することを藤田さんに

強く主張したようです。

しかも、もし一人で独立するなら、

出資までするといわれたそうです。

この時から、見る人は見る実力者、

優秀な人材だったんですね。

すごいです。

そして、たった一人単身、

株式会社サイバーエイジェントを設立します。

インターネットビジネス(業界)に

注目した藤田社長は、

最初に、堀江貴文さんと共同で

クリック保証型のバナー広告を開発し、販売します。

ホリエモンとこの時から交流があったんですね。

優秀な人って、会うべくして会うんですね。

2003年、若干26歳にして、東証マザーズ上場を

当時史上最年少で果たしました。

その後、ブログというメディアと出会い、

そしてアメブロ事業を開始し、

ついに自社メディアシステムを構築し、

会社は飛躍的な成長を遂げることになります。

スポンサードリンク

3.AbemaTV藤田社長が72時間ホンネテレビで稼いだ額は?

実は、今でこそ、

AbemaTVは先日7400万回という

最高視聴数を叩き上げ、

今では、知名度もグンと上がりましたが、

毎年200億円の投資(赤字)額を

計上していたんだとか。

なぜそこまでして、藤田社長は

AbemaTVにこだわったのでしょうか。

すでに地上波というテレビ(メディア)形態が

出来上がっている史上に、

ネット無料テレビ配信というビジネスが

どれほどのインパクトを与えることになるのかなどが

疑問視される声が上がっている中で、

藤田社長は次のように答えています。

AbemaTVの最大の特徴は、

タダでコンテンツを見てもらい、

広告で収益をあげるビジネスモデルです。

これはほとんど世界的にも見たことのない手法だそうです。

まさに藤田社長が社運をかけて、打ち立てた

ビジネス戦略ですね。

ある程度の規模にメディアが成長すると、

広告がものすごく簡単に売れていきます。

逆に言うと、小さい規模で

どれだけ続けても、広告の

収益を確保するのは非常に

難しい面がある。

とにかくメディアを通して

広告収入を得るためには、

規模を拡大する必要がある。

毎年200億円もの膨大なお金をかけて

このAbemaTVに取り組む理由がここにありますね。

だいたい藤田社長の読みでは、

1週間に1000万人くらいの利用者が

いれば、広告での黒字収益が成り立つそうです。

しかも、このAbemaTVの利用者は、10代〜20代といった

非常に若い世代で、実はこの世代は近年テレビ離脱が

進んできています。その代わり、スマホなどで見れる

このAbemaTVに大きな需要が生まれてきており、

さらに今まで、CMを流すことが、難しかった

これらの世代に、広告を掲載することができる

という意味で、この無料コンテンツ広告収入という

新しいビジネスモデルは、非常に理にかなっている

ということです。

AbemaTVでは録画して見れるようにする場合のみ、

会員登録(月/980円)の有料プランにしているという

ことです。

そもそも、今までのTVメディア形態だと、

ライブでテレビを見る視聴者は年々減少

傾向にあり、

録画して見る場合は、CMを飛ばす傾向があるため、

CMの意味、意義が薄れてしまっていた。

その点、この無料コンテンツ提供のAbemaTVは

録画のみ有料とすることで、若い世代のライブ視聴者に

CM(広告)を見てもらう確率(頻度)をあげることに成功している

非常に効率的なビジネスモデルということができる。

大きく稼ぐために、最初大きく投資することに

躊躇しない、しばらく赤字覚悟でも

耐え抜く精神力。

藤田社長の粘り強い経営戦略に

脱帽ですね。

そして、この度、AbemaTVが

前代未聞のわずか3日で、

最高視聴数7400万

を突破ということで、

大爆発したわけですね。

おそらく、藤田社長が思い描いていた

以上の広告収入、広告の新規拡大

の道が開けたのではないでしょうか。

サイバーエイジェントが2017年の4月に

発表した2017年9月4半期累計

(16年10月〜17年3月)の売上高は

1798億円。そのうちAbemaTVへの

積極投資により、営業利益は41%減の

143億円だったそうです。

けれども今回この大爆発ですから、

次回もしくは今後数年のうちに

決算報告ではおそらく、

100〜200億円のプラス営業利益を

毎年計上するのではないでしょうか!

200億投資しても、それを上回る

収入が見込めます!

なんだか、ビジネスを

展開していくそのスリル、

チャレンジ精神を垣間見ると

ワクワクしますね。

僕も何事にもチャレンジする

そんなスピリットで

いきたいですね。

これからの藤田社長の

活躍に期待です!

スポンサードリンク

4.AbemaTV藤田社長の自宅はどこ?

自宅はもちろん豪邸だそうですが、

自宅以外にも、

別荘が二つほどあるそうで、

一つは軽井沢、

もう一つは神奈川県秋谷だそうです。

出典:https://goethe.nikkei.co.jp/

ご覧の通り、すごいです・・。

これが別荘です。。

秋谷の別荘は、

窓を開けると、目の前が

砂浜で、オーシャンビューなんだとか。

波がよければ、家の前でもサーフィンが

楽しめるんだとか。

は〜、すげぇっ。

こんな生活している人いるんですね。

会社の会議などにも使用されることがあり、

その場所で、会議をすると聞いた時は、

会社役員たちも喜ぶんだとか。

会議以外にも、海水浴や

BBQや海のアクティビティーや

パーティーなど、

リラックスの時間も含まれるからでしょうかね。

かつて、2004年でしたか、

奥菜恵さんと結婚しておられましたが、

その後離婚されましたね。

現在は、当時秘書をしていた方と

結婚し幸せに暮らしておられるようですよ。

5.takuの一言(AbemaTVのこれからについて)

と、こんな感じで、

全く別世界でいきているような

人物を取り上げてしまったので、

なんとも複雑な気持ちでは

ありますが、

この藤田社長の生き方から

学んべることは、

「ぶれないチャレンジ精神」

「あくなき開拓精神」

といったものでしょうか。

誰も踏み入れたことのない

前人未到の分野に

多額のお金を投じても

一歩踏み出す。

赤字が何年続こうと、

自分の判断を信じて、

じっと堪える。

でも決して萎縮しているのではなうく、

じっくりと期が熟すのを待っている

という「勝負師」の感覚。

この考え方、生き方って大事ですし、

人間力ってそういう判断の一つ一つ

に現れてくるんだろうなと

思わされましたね。

これからも、さらに

開拓精神で頑張って下さい!

さ、AbemaTV見よっと。笑

スポンサードリンク

まとめ 

ということで、今回は

1.AbemaTV藤田社長の年収は?

2.AbemaTV藤田社長の経歴や学歴

3.AbemaTV藤田社長が72時間ホンネテレビで稼いだ額は?

4.AbemaTV藤田社長の自宅はどこ?

5.takuの一言(AbemaTVのこれからについて)

について記事にしました。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク