大城ガクト(本名)の仮想通貨事業の投資金額はいくら?紙幣がなくなる?!

こんにちは。takuです。
なんとミュージシャンで
タレントのGACKTさんが
初めて自身の本名を公表しましたね!

「大城ガクト」が本名です。
もちろん、前からご存知の方も
おられたかもしれませんが、
メディアで 自身が公表したのは
これが初めて
だということです。

なぜこのタイミングなのでしょうか。
それには深〜い理由があるようです。
キーワードは 「仮想通貨」です。
最近しきりに世間で噂されていますよね。

ガクト(GACKT)さんがなぜ
仮想通貨事業に踏み込んだのか、
本名公表と何が関係するのか、

そして大城ガクトさんが
仮想通貨に投資している金額は
どのくらいなのかなど、また
仮想通貨になぜそこまで
「思い入れ」があるのかなど、
その辺りの気になる動機や理由について
詳しく記事にしていこうと思います。

スポンサードリンク

大城ガクト(GACKT)が本名を名乗った理由

今までひたすら、GACKTという芸名を
貫いてきた大城ガクトさん。
ついに本名を、、。

「大城ガクト」

いやいや、まだカタカナやんっ!

それはともかくとして、
今のタイミングになって
本名を公表したのには必ず
その理由があるはずですよね。

芸名を名乗る=タレント(歌手)
としての自分が生活のメイン
ということになります。

けれども、本名を「自分の意思で」
公表したということは、
「歌手」以外の自分がメインになった
瞬間(時期)が訪れたと
表現することができるのでは
ないでしょうか。

GACKTさんが、歌手であるのも
もちろんなのですが、なぜそんなにも
裕福なのかというのが謎でしたが、
「実業家」として活動し、成功されて
いたということだったんですね。
知りませんでした。( ;´Д`)

そして、本名を明かしたということは
今後「実業家」としての自分が
タレント業(歌手)の活動よりも
メインであるということを自覚したという
サインですよね。

ちなみに、GACKTさんの本当の本名は
大城学(さとる)です ^ – ^)

ガクトさんは、自身が本名を明かした
理由をブログでこのように語っています。

それは事業としてキッチリ最後まで
責任を持ってやり通したいという当たり前の想いと、
なによりも、
世の中にジレンマをかかえる多くの人たちの背中を押せる、
大きな機会になるのではないかと思ったからだ。
引用:https://ameblo.jp/gackt/entry-12339477430.html

GACKTさんはクリスマスも関係なしに
徹夜でひたすら作業に打ち込んでいたと
いいます。

GACKTさんに本名を語らせるほど、
そこまで肩入れする仮想通貨事業とは
どういったものなのでしょうか。

大城ガクトが語る仮想通貨とは?

GACKTさんは今まで、
14年間ひたすら、自分の本名を
明かすことなく影に隠れて
活動をされていたようですね。

それが、より多くの人に「仮想通貨」の
大切さを知ってもらわなくては、という
ある意味で「危機感」のようなものから
実業家としての自身の活動を公にしました。

大城ガクトさんは、仮想通貨の
出現により 今世界が大きく変わり始め、
ものすごいスピードで変容している

語ります。

この変化に遅れてはいけないと警笛を
鳴らしておられるんですね。

ただ、世間では、私も含めまだまだ
仮想通貨が認知されていない面も
ありますよね。

仮想通貨詐欺の被害にあったニュース
なども報じられていますし、
お金に関わる「新しい投資分野」には
多くの人がまだまだ警戒心を抱いている
といった状況なのではないでしょうか。

ところが大城ガクトさんの主張によると
現在から 10年後に紙幣もなくなる世の中
が必ずやってくるというのです。
( ;´Д`)

え?どういうこと?

紙幣がなくなるから、
銀行(建物としての)も
姿を消す
とまで予想しています。

今までは、「貨幣」という国が
製造する「ツール」を通して
経済の支配体制でしたが、

今後、仮想通貨によって、
経済の世界地図が新しく
作り変えられる
と言います。

わかりやすく言うと、
国境や国の政治を超えた
「貨幣の民主化」
いうことですね。

仮想通貨によって、今まで
敷居が高かった海外送金などが
インターネットを介して取引相手に
直接送付(送金)することができる
ので、結果的に、災害(震災)支援
や飢餓地域への寄付がスムーズに
簡単に行えるようになります。

また、仮想通貨に変われば、
「形を持たない貨幣」ということ
ですから、金融犯罪が結果的に
減少するというのが、
大城ガクトさんの主張です。

フムフム、なるほど ( i _ i )

言われたことはわかる。
でも、お金がコンピューター上で
すべて数字として管理されたら、
コンピューター犯罪がさらに
増えるんじゃないの?

というのが、知識ゼロの一般人
である私なんかは思ってしまいますが。。

やはり、現ナマ(お金)を
自分の手に握っている方が
安心、なんて思う人もまだまだ
多いのが現実ですね。^ – ^

でも、ガクトさんが言うように
仮想通貨がもはや止めることのできない
「世界最大成長産業」であるならば、
ぼ〜っとしていないで、
仮想通貨の勉強をしなければいけないな
とひそかに思い始めています。

スポンサードリンク

大城ガクトの仮想通貨への投資額は?

ガクトさんの仮想通貨への
熱い思いから、この事業に
相当な時間とお金を費やしている
ことが想像できるのですが、
大城ガクトさんは一体どのくらい
仮想通貨事業にお金をつぎ込んで
いるのでしょうか。

GACKTさんはお馴染み
「なんでお金持ちなの?」と
不思議に思われる芸能人ランキング
堂々の第4位に君臨するタレント
さんです。笑 ちなみにランキングは、、

1位:叶恭子・美香姉妹
2位:デヴィ夫人
3位:アグネス・チャン
4位: GACKT
5位:神田うの

です。それはともかく、
富豪である大城ガクトさんの
年収は、ゆうに億を超えている
と言います。

そりゃそうでしょ。
5000万円の愛車を乗り回したり、
アーティストとしての印税(資産収入)
が絶えず入ってきていることや
マレーシアに会社を持っている
ことなどからも容易に想像できますね。

たった数億円というだけで、
5000万円の愛車は乗り回さない
でしょうし、おそらく資産数十億は
ひょっとすると3ケタ?なんかも
十分にありえる話です。

それを加味すると、
今回ここまで「仮想通貨」に
力を入れている大城ガクトさん
ですから、 数億円〜数十億
を投資している(見込み)
可能性
があるのではないでしょうか。

投資とはいえ、それは
「貨幣が形を変える」
ということですから、
今後「仮想通貨」が普及する
限りは、両替みたいなもんです
からね。

要は、どの仮想通貨をどれだけ持つか
どのように、どのタイミングで運用するか、
そういったビジネス面での世界の動きを察知
する能力、センスが問われるのでは
ないでしょうか。

この年末あらゆる国を渡って
仮想通貨事業のために日夜
奔走している大城ガクトさん。

今後の動向にいよいよ注目です。

大城ガクトは仮想通貨事業で成功するのか?

それは、未来のことですから
さすがに断定はできないですが、
僕は個人的に感じているのは、
少なくとも大城ガクトさんは
「先を見る力」先見の明があるなぁと
感心しています。

大城ガクト(GACKT)さんの公式ブログ
での自身の意見や考えを読んでいると、
いわゆる、一部の芸能人によくある
お金を悪い人に騙されて悪用されました
という詐欺被害の類のお金理解(使い方)
ではありません。

しっかりと、実力で、自分の頭で思考し、
「実業家」としてお金を運用していますよね。
その 判断と行動力が本当に尊敬できます。

そこからボクは、
ありとあらゆる事業に自己資金を投下した。
色んな金融商品にも事業にも投資した。

分からないことがたくさんあったが、
周りの経営者の方達からとにかく多くのことを教わった。
時間があれば色んな会に顔を出すようになった。

ー 中略 ー

投資とは生活を豊かにするためのもの。
生活を豊かにするために投資をし
キッチリと自分のやるべき仕事をする。
これは豊かなライフプランを実現するためには
絶対的に必要な思考だ。

ー 中略 ー

もし、
ボクが30歳の時に、
あのまま音楽だけを続けることを選んでいたら
とっくに消えていたかもしれない。

あの当時のミュージシャンの仲間は
ほとんどいなくなってしまった ー。

引用:https://ameblo.jp/gackt/entry-12339477430.html

タレントとしての「繁栄」に慢心せず
個人の人間として、自分の身をしっかり
守り、知識やそれを人生の中で
活用するために努力とお金を惜しまない。

素晴らしい考え方だと思います。
大城ガクトさんは、アーティストの
時から 「起業家」マインドだったんですね。

絶えず学び続ける大城ガクトさん、
本名は 大城学(おおしろ さとる)
その名のごとく学ぶ姿勢が
ハンパないので、僕は個人的に
この大城ガクトさんはさらなる
飛躍と成功を手にすると予想しています。(^O^)/

スポンサードリンク

本当に紙幣(貨幣)はこの世からなくなるのか?

それも、未来のことですから、
正直そうなるのか、そしてなるとしたら
いつなのかは誰にもわかりませんが、
ただ、「お金としての価値」は
大城ガクトさんが言うように、
それは最終的には
市民、一人一人が決定すること
ですね。

今のお金だって、別に物質的なことを
言えば、単なる 「紙切れ」です。
でもそれに「価値がある」とすべての人が
認知し、受けとめているからこそ価値があり、
そして 世界がその「貨幣」で回っている
ですよね。

ですから、今後同じように、
これは 「貨幣を超える価値ある通貨」と
言う認識を世界中の人が持ち、
そう認知されれば、

本当に
紙幣(貨幣)がこの世からなくなる日
来るのかもしれませんね。

takuの一言

今回大城ガクトさんの
本名公表をきっかけに
仮想通貨について
勉強する予想外の機会を
与えてもらいました。

とても良い洞察を得ることが
できました。大城ガクトさん
ありがとうございます。

確かに、今までは資産を持っている
一部の裕福な人だけに偏っていが
投資のマーケット。

仮想通貨は、まだ一般人にも
参入しやすい市場なのでしょうね。
さらに勉強して、この「貨幣の民主化」
の波にしっかりと乗って行きたいと
思わされたそんな有意義な時間に
なりました。

アーティストとしてのGACKTさん
だけでなく「実業家」としての
大城ガクトさんも応援しています!

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク