松岡紀彰ドライブレコーダー動画や顔画像!暴行動機は何?(三重県四日市)

こんにちは。takuです。
三重県四日市市で、
77歳の男性(無職)
松岡容疑者が20代の男性を
あおり運転で追い抜き、
暴行容疑で逮捕されました。

その時のドライブレコーダーの
映像の様子や松岡容疑者の
画像など調べてみることにしました。

スポンサードリンク

あらまし

前方を走っていた車に対して
あおり運転をし、追い抜いた後、
前に割り込み、車を停車させ、
その後窓を開けさせ、罵声を浴びせ
手を入れるなどの暴行容疑で
松岡紀彰(77 無職)が逮捕されました。

よくあるニュースなどでは、若者が
年配の人に対して暴行を加える
などのニュースが目立つようですが、
今回の場合は77歳の方が
暴行を加えようとしたということで、
少し驚きました。

一体何が起きたのでしょうか。
動画を見てみることにしましょう。

ドライブレコーダー動画

この動画は被害者がTwiiterに
ドライブレコーダーの映像を
投稿し、それをフォロワーが
動画投稿サイトへ転載したものだそうです。

その動画を見た閲覧者からの
通報を受けて、警察が、
その動画から容疑者を
特定し逮捕したという流れ
になったようです。

  (※ 顔画像はこの動画以外では見当たりませんでした)

事故だけでなく、ドライブレコーダー
ってこのような犯罪や揉め事の
問題解決に用いられることも
あるんですね。

それにしても運転していて
いきなりこれは恐怖ですね。

松岡容疑者の動機

まず、動画からの
発言から分析してみましょう。

[voice icon=”http://takupath.net/wp-content/uploads/2018/02/8bf6b0518369dce7488be2c87d1ba231.png” name=”被害者” type=”r”]え?[/voice]

[voice icon=”http://takupath.net/wp-content/uploads/2018/02/jack-cain-351549-2.jpg” name=”松岡容疑者” type=”l”]わざとゆっくりはしっとんのか![/voice]

[voice icon=”http://takupath.net/wp-content/uploads/2018/02/8bf6b0518369dce7488be2c87d1ba231.png” name=”被害者” type=”r”]あそこ30km/h制限ですよ[/voice]

[voice icon=”http://takupath.net/wp-content/uploads/2018/02/jack-cain-351549-2.jpg” name=”松岡容疑者” type=”l”]ばかたれ![/voice]

[voice icon=”http://takupath.net/wp-content/uploads/2018/02/8bf6b0518369dce7488be2c87d1ba231.png” name=”被害者” type=”r”]危ない![/voice]

[voice icon=”http://takupath.net/wp-content/uploads/2018/02/jack-cain-351549-2.jpg” name=”松岡容疑者” type=”l”]どいたらいいやろが![/voice]

[voice icon=”http://takupath.net/wp-content/uploads/2018/02/8bf6b0518369dce7488be2c87d1ba231.png” name=”被害者” type=”r”]危ないですよっ[/voice]

[voice icon=”http://takupath.net/wp-content/uploads/2018/02/jack-cain-351549-2.jpg” name=”松岡容疑者” type=”l”]どいたらいいやろが!![/voice]

[voice icon=”http://takupath.net/wp-content/uploads/2018/02/8bf6b0518369dce7488be2c87d1ba231.png” name=”被害者” type=”r”]警察呼びますよ?![/voice]

[voice icon=”http://takupath.net/wp-content/uploads/2018/02/jack-cain-351549-2.jpg” name=”松岡容疑者” type=”l”]おお呼べ!”#$%&%$#”![/voice]

う〜ん。かなり怒っているのは
伝わってきますね。

松岡容疑者の言い分としては、
とにかく前を走る被害者の車が
非常に遅かったと感じてイライラ
していたということですね。

映像を見る限り、車の通りも
少ないですし、とても狭い道ですし
田舎という感じの道路なので、
おそらく自宅付近(?)の裏道
だったのかもしれません。

急いでいたということでしょうか。
それとも、普段使い慣れている道で
普段はもっとスイスイと車を飛ばしながら
通過し慣れている道路ということでしょうか。

どいたらええやろが!と
怒鳴っておりますが、
かなり道幅も狭いため、
そう簡単には退けないような
気もします。

この狭い道がどのくらいの
長さだったのかにもよりますが、
とにかく松岡容疑者はいらいらが
募っていたと伺えます。

少し笑えるのですが、
そんなに急いでいるなら、
わざわざ車を停車して怒鳴って
暴行を加えるより、
そのまま追い越して
先を急げばいいのに
車止めて被害者とやりとりし、
そして挙句逮捕までされるなんて
どう考えても「人生」としての
トータル時間を無駄にしている
と思うのですが、なんだか
本末転倒という感じがしますね。

何より、この道路は制限時速30km/h
ということで、前車の被害者の運転には
なんの落ち度もないわけですから、
怒りも暴行も全てはこの松岡容疑車の
感情的な身勝手な反応ということになります。

おそらくドライブレコーダーであとから
身元を割り出されるというのは
わからなかったのでしょうね。

でも今回の件を通して、
運転時のイライラはなんの
益にもならないということを
身をもって知ったということに
なるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

運転時の注意点

この一件を見ても、
飛んだとばっちりだな〜
と感じてしまいますね。

運転というのはどれだけ
自分が運転規則に法って
安全運転をしていたとしても
周りのドライバーがそうでなければ
このような被害を受ける可能性
があるということですね。

運転者は道路を走る他の
ドライバーを選ぶことは
できませんからね。

交通事故の場合もそうですが、
自分である程度調整できる
部分と、そうでない部分が
ありますからね。

ただ、揉め事をできるだけ回避
するための知恵は必要かも
しれません。

実際に言葉を交わさなくても
周りのドライバーの運転の仕方
やスピードの出し方で
その人の感情や性格って運転から
伝わってきますよね。

おそらくこのケースでは、
松岡容疑者はかなり怒っている
様子ですから、
かなり車幅を寄せてきていたか、
左右に車を揺らしたりしながら
合図を送っていたのではないかと
推測することができます。

あくまで推測なので、
実際はどうだったかわかりませんが、
クラクションを鳴らしたり
していなかったのでしょうか。

こういった運転時の他の
ドライバーとのトラブルの
回避方法は、「関わらない」
というのが一番ですね。

ですから、もしそのような
ドライバーが自分に接近
してきた場合は、運転ルールは
あるにしても、そのまま速度を守って
ずっと何にも対策を講じないというのでは
なく、まず「かわす」
「距離を置く術を考える」というのが
賢明な判断と言えるのではないでしょうか。

もう一度入念に動画を見直すと
まあ確かに少しかわせるような
スペースがないこともないですね。

バックミラーを注意深く
見て、ドライバーの様子を
うかがうというのも大事な
対策かもしれませんね。

takuの一言

ということで、今回は
運転時のトラブルについての
記事を書きました。

運転している時に誰かと
揉め事になったら、
本当に嫌な気持ちになりますよね。

僕も横からものすごい
スピードで割り込んできたり
なんの会釈やお礼の合図をせずに
危険な運転をしてくる輩に
遭遇するとかなりムカっと
して、後を追いかける(?)
ようなことをしたこともあります。

が、ふと冷静になると、そんなことを
したところで何の益にもならない
と気がつきました。

非常識なドライバーに
イラついていると自分も
同じ非常識なドライバーに
なってしまう可能性がありますからね。

誰にでも運転時にイライラして
してしまうことや、恐ろしいと
感じる場面はあるでしょうけれど
そのトラブルを「さっ」と
かわせる冷静さやクレバーさを
常日頃から持っていたいと
感じる一件でした。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク