桜の花冠インスタ画像はなぜ流行る?折ると腐敗するのは本当?特徴やお花見マナー

こんにちは。takuです。
日本の場所によりますが、
僕の住んでいる場所は、
今まさに桜真っ盛りで満開
本当に綺麗です。

お花見に行こうと思っていた
矢先になんだかとんでもない
ニュースを目にしました。

なんと桜の枝(?)を
パキパキと折って花冠を
作り、インスタに投稿している

女の子たちがいるというのです。

桜の花冠とはいったい
どういうものなのか、桜の枝を
折ってしまうと腐敗が本当に
進むのか・・気になったので
調べて見ることにしました。

スポンサードリンク

桜の花冠についての書き込み

いや〜、驚きましたね。
確かに。

なんでも、桜の花で冠を作り、
それを写真でアップして、
インスタ投稿している女の子
たちがいるというのです。

そして、それを発見したある方が
危機感を覚え、Twitterに書き込みを
したところ、ネット上でとんでもない
反響が巻き起こっているというのです。

その書き込みによると、

「桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿」という言葉があるように、桜は枝を折るとその部分から腐敗が進みます。今日公園で桜の枝をパキパキ折って花冠を作っている女性2人を見かけました。調べたらインスタグラマーがそれを流行らせている模様。日本の桜が首赤艶カミキリとインスタ映え()に滅ぼされる日も近そう。
7:10 – 2018年3月26日

引用:Twitter -ごまちゃん@gomafu_ks

というのです。
もしこれが本当なら
とんでもないことです。(´Д` )

昨年も、確かお花見シーズンに
似たような報道がされていました。

それは中国人観光客のグループが、
桜の枝を自分たちの方に引き寄せて
写真を撮っているという報道だったと
記憶しています。

その時も、「中国人のマナーが悪い!」
「これだから中国人は!」みたいな
桜を愛する日本人にとっては
考えられないこと!みたいな国際文化的
側面で語られていたように思うのですが、

今回は、日本人。しかも枝を手繰り
寄せるどころか枝をパキパキと
折ってしまっている・・。

よっぽどたち悪いです。
文化の違いは国内にも
あるようですね。(⌒-⌒; )

インスタ映えを狙って花冠
ということはおそらく10代から
20代の若い世代でしょう。

一体その女の子たちの
「桜の花冠」とはどんなもの
なのでしょうか。

桜の花冠とは

桜の枝を折って、その桜の花で
冠を作るということでインスタグラマーが
それを流行らせているというのですが
それは本当なのでしょうか。

実は、インスタでその桜の花冠を
検索すると、すでに多くのインスタ投稿が
削除されているか、表示されないように
なっているみたいです。

投稿した人が、批判や炎上を恐れて
自ら消したか、規制がかかったか
細かいことはわかりませんが、
インスタ画像としては
見つかりませんでした。

けれども、ブライダルの
一つのファッションとしての
桜の花冠はありましたので、
一応イメージとして載せておきます。
こんな感じ ↓


出典:https://minne.com/

出典:https://www.pinterest.jp/

わぁ、かわいい。
ってダメダメ。
そうじゃないそうじゃない。

確かにかわいいです。
かわいいのは理解できます。

問題は、

かわいいからじゃあ
何をしてもいいのか

というところですよね。

今回このことが問題視されている
ことの一つは「Instagram」という
SNSにその花冠が取り上げられている
という点にあるのではないでしょうか。

SNSの特徴は、何と言っても
その「拡散力」にありますから、
インスタグラマーが一つ「かわいい」
おすすめファッションを紹介し、
それが流行の波に乗ると、たちまち
それが一気に広がる可能性を秘めています。

しかも今回は、桜ということで、
時間的な「制限」があるため、
限定意識が生まれるので、
我先にといった感じで、どっと
お花見スポットにおしゃれ女子たちが
集まって同じことをする可能性(危険性)
があると予想できますね。

きっとTwitterの投稿者の方も
そのことを察知して、警笛を鳴らす
意味もあってか今回のような
書き込みになったのではないでしょうか。

そこはさすが桜を愛する日本人、
桜パキパキ事例を危惧して、
瞬く間に反響があり、
何万人もの方がリツイートやいいね!
をして拡散しています。

拡散力は悪いことにも用いられますが、
その逆、こういった良いことのためにも
用いられるので、SNSは本当使い方次第だな〜
って感じますね。^ – ^

なんとかこれ以上桜の花冠が
広がらないことを願います。

スポンサードリンク

桜の枝を折ると腐敗するのか

桜の枝をむやみやたらに
パキパキ折るのはよくない。
というのはわかるのですが、
それで本当に折ったところから
腐敗は進むのでしょうか。

よくよく考えてみると
桜の花冠は今に始まったことではなく、
以前からブライダルの
ファッションデザインとして
認知されていますし、

お正月の年初めに、年始桜ということで、
特別に育てた桜のつぼみがついた枝を
切って部屋に飾ったりしてますよね。
めちゃ高いですが。

こんなやつ ↓

見たことありますよね。
枝物インテリア(造花)の
ひとつとして、一般的に
認知されています。

今回の桜枝パキパキはダメ投稿の
理論からいくとこういった枝物インテリア
もダメということになってしまいます。

そこで、じゃあ何を考慮すべきなのか
考えたら二つありますね。


 方法

なのではないでしょうか。
インテリア造花などで使われている
お花などは、その道のプロフェッショナル
なる方が正しい方法で剪定をしたり
枝を刈り込んでいることでしょう。

いろいろ調べたところによると、
桜は正しい切り方によっては、
「木の治療」にもなるというのです。

桜の木はとても敏感で、
一度病気になると、その周りの桜にも
すぐに伝染してしまうと言います。

枝が、菌で腐食している場合は、
その部分を正しく切除すれば、
桜の命を守ることができるとも
聞いたことがあります。

だから、折る=腐食
とも一概には言えないとうことに
なりますね。

さらに掘り下げて調べてみると、

腐朽がすすむことと、樹勢が衰退していくこととは、
直接的に関係はない。樹木はもともとパイプモデルであるため、心材部分の腐朽と樹勢衰退は直接的に影響しません。桜で幹が腐り樹勢が衰退している原因は、よくよく見てみると他に原因があるのです。その原因は、根部(特に多い)で樹勢衰退の原因が見られたり、他の病気による複合的な原因によることがほとんどです。

引用:http://www7b.biglobe.ne.jp/~cerasus/gimon10/treedrgokai7.html

と言っている専門家のご意見も
ありました。

え、まじか?!
ということは、
桜の小枝をパキパキ=即腐朽(樹勢衰退)
という訳でもないようですね。

へ〜。

正しいお花見のマナーについて

ということらしいのですが、
だから桜の枝を手でパキパキ折って
もいいのかというと

No!

ですね!
直接的な原因でないとしても
それを誘発する起爆材には
なってしまいますからね。

痛むことには違いありませんもんね。
何より、SNSを見て、みんながこぞって
そんなことをしだしたらとんでも
ないことになります。

桜の枝を折っているのを知って
心痛めている人もたくさんいるようです。

我が家の前の桜土手の桜もこの時期になると毎年どこかの枝が折れてます。シティークリーニングでは不要な枝をノコで落としますが、もぎ取るのとは全く違うのでモロバレです。本当にマナーが悪くなったなあと感じます。

引用:Twitter 

最近は海外の人ですら桜の枝に触らないように花見をしてるというのに…
無知は罪とはよく言ったものです

引用:Twitter

桜のようなか弱い植物の枝を折る若者が増えてしまったのね…。
親が教えなくなったのかな。

桜が滅する前に優しく教えてあげて。

引用:Twitter

総合的に考えて、

 折らない

 引っ張らない

根付近を踏み固めない

 直接傷つけない

というのが最善の
桜マナーと言えるのではないでしょうか。

takuの一言

ということで、今回は
桜の花冠について記事にしました。

みんなが大好きなお花見シーズン。
こういった豆知識を頭の
片隅に置きつつ、
楽しめたら最高ですね。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク