19歳巡査は誰?なぜ井本光巡査部長(同僚)を?動機理由や拳銃保持のルール

こんにちは。takuです。
驚きのニュースが飛び込んできました。
滋賀県河瀬駅付近の交番で
巡査部長井本光 (41)さんが
同僚の19歳巡査に拳銃で
撃たれ死亡
したというのです。

警官が警官を撃つなんて話は
ほとんど聞いたことがありません。

すでに拘束されたということで
一先ず安心ではありますが、
その19歳巡査が誰でなぜ
そのような犯行に至ったのかを
調べてみることにしました。

スポンサードリンク

事件のあらまし

11日の午後8時45分ごろ、
滋賀県彦根市河瀬駅前の
交番で警官が一人倒れている
との119番通報があったとの
ことです。

その少し前に彦根市の隣町
愛荘町の田んぼにパトカーが
突っ込んでいると110番通報が
あったことから、同交番のパトカーで
あることが判明し、
同僚の19歳巡査の逃走ということで
捜査を開始したとのことです。

19歳の巡査はパトカーで逃走中に
事故を起こし、田んぼに突っ込み、
車を乗り捨てたということで、
捜索が続けられていたところ、

12日の午前夜中1時35分ごろ
同じ愛想町内で身柄を確保され
逮捕されたとのことです。

被害にあった井本巡査と
19歳の巡査は11日の午前8時30分から
24時間体制の勤務に当たっていたとの
ことです。

本来は3人体制の勤務ということですが、
その日は2人での勤務だったとのことです。

犯行動機や理由は何?

まずはじめに誰もが持つであろう
疑問は、警官が警官をなぜ?
ということではないでしょうか。

僕の記憶では、警官が同僚を
勤務中に所持している銃で
打ち殺害するなんて話は聞いた
ことがありません。

2014年の4月に、女性巡査が
婚約者だった男性巡査に刺殺され
その男性巡査も自殺したという事件
過去にあったそうですが、今回のような
勤務時間中のこういったケースは
初めてだと思われます。

この19歳の巡査は今年1月29日
彦根の河瀬駅交番に配属になったとの
ことです。

おそらくその時から井本光巡査部長
も既に配属されていたことでしょうから、
二人の関係はその時から逆算すると、
約3ヵ月弱ということになりますね。

その時に初めて知り合ったとして、
わずか3ヵ月で殺意を抱き、さらには
殺害までしてしまうほどに人間関係が
こじれていたというのも驚きです。

よほど、厳しく毎日のように叱られていた
のでしょうか。井本巡査は41歳で部長
ということですから、立場や年齢的に考えて、
19歳の同僚巡査が逆らえるわけもなく、
ひたすら命令される立場だったのでしょう。

見方によってはパワハラのような状態
だったのかもしれませんね。
嫌味なども毎日聞かされていたのかも
しれません。
よほど鬱憤が溜まっていたのでしょう。

撃たれた井本巡査部長は頭と背中から
血を流し、机に突っ伏したような状態で
発見されたことから、背後から不意打ち
で撃たれた可能性が高い
とされます。

同僚に背後から撃たれたのですから、
防ぎようがありませんよね。

19歳巡査は、犯行後パトカーで逃走
さらには田んぼに突っ込んだ
ということで、かなり動転していた
様子がそれだけでうかがい知ることが
できますね。

普通、綿密な計画による犯行であれば、
そもそもパトカーで逃走することは
ありませんし、音も大きい拳銃で
犯行に出ることは考えられないですよね。

さらに田んぼに突っ込むくらいですから、
かなり運転も荒くスピードを出して
焦っていたと思われますので、

この犯行は、衝動的な行為であったと
見るのが自然ではないでしょうか。
井本光巡査部長に何か嫌なことを言われたか
叱られたかで逆上してそのような
犯行に出てしまったのではないでしょうか。

12日に殺人容疑で逮捕された同交番の男性巡査(19)が、動機について、教育係だった井本巡査部長から厳しく注意されたからという趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で分かった。県警が経緯を慎重に調べている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000107-asahi-soci

河瀬駅は僕も何度か訪れたことがありますが、
田んぼも多くて、駅周辺も人も少なく
お店も少ないし、普段は本当にのんびりとした
静かな印象があります。

あんなのどかな平和な場所で、こんな事件が
起きるとはなんとも恐ろしい話です。

スポンサードリンク

井本光巡査部長を撃った19歳巡査は誰?(顔画像あり)

気になるのはこの同僚巡査部長を
銃で殺害した19歳巡査が誰なのか
ということですが、

さすがに未成年ということもあり
名前までは公表されていないようですね。

ところが、読売新聞では、事件の直後、
まだ拘束されていない
逃走中の時は実名で報道していた時間帯が
ありましたので
名前がわかりました。

犯人は、大西智博(おおにしともひろ)
という名前だそうです。

by Twitter

※ただ、身柄を確保されて
他人を害する危険性がなくなった時点で
匿名に切り替えているとのことですので
顔画像もぼかしを入れておきます。

拳銃保持のルールについて

もう一つ疑問なのは、
この19歳の巡査は、
昨年の4月に採用された
とのことで、

2018年の今年の1月に
県警察学校を卒業したとのことで
キャリアとしては非常に浅いですよね。

歳も若いですし、そんな
ある意味で「素人」「若い」
「未熟」「半人前」の巡査が
銃を保持しそれを使用できたという
のが不思議
でなりません。

警官になって現場に配属した途端に、
年齢キャリアに関係なく全ての人に
銃の使用が許されるのでしょうか。

携帯

調べてみたところ、
「警察官等けん銃使用及び取扱い規範」
いうものがありまして、

拳銃の携帯に関して以下のように、
規則が設けられていました。

第3 拳銃の携帯
警察官は、制服(活動服を含む。)を着用して勤務する場合は、拳銃を携帯するものとする。ただし、次に掲げる事項のいずれかに該当する場合のほか、拳銃を携帯することが不適当であると所属長が認めるときは、この限りでない。
(1) 室内で勤務するとき(交番、駐在所その他これらに類する施設で公衆から見える場所において勤務するときを除く。)。
(2) 会議又は事務打合せに出席するとき。
(3) 儀式に出席するとき。
(4) 音楽隊員が演奏に従事するとき。
(5) 看守勤務の警察官が留置施設において勤務するとき。
(6) 交通整理、交通取締り、交通事故の処理又は交通事故に係る犯罪の捜査に従事するとき。
(7) 災害応急対策のための活動に従事するとき。
(8) 雑踏警備等に従事する場合等で拳銃を携帯することが職務遂行上特に支障があると所属長が認めたとき。

引用:http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=337M50400000007&openerCode=1#A

う〜ん。なるほど、
これだけを見ると、
警官が制服で仕事をするときは
年齢に関係なく拳銃を携帯することが
決まっている(可能な)ようですね。

そりゃそうか。日常で何が起こるか
わかりませんもんね。拳銃、警棒の所持は
当然ということらしいです。

スポンサードリンク

資格

当然ながら、拳銃使用には
資格というものが必要で、
警官になるひとは、
県警察学校でそのような
資格を取得するようですね。

ただし、その資格には
ランク(程度、種類)が
あるようです。

拳銃に資格ってあるの?

警察内部での資格で、初級・中級・上級に分かれています。初級は的にさえ当たれば合格ラインに到達できるんではないかと思います。中級からは実力の世界。全体の8割以上の点数で中級は合格。上級は9割以上(ほぼ真ん中に当てなければ受からない)が合格ライン。

引用:https://ameblo.jp/katsuichi-shiraoka/entry-10105585317.html

拳銃の資格だけでなく、
警察には専門的な資格が
非常に多いようですね。

  • 普通運転免許
  • 青免(パトカー)
  • 柔道二段
  • 拳銃操作上級
  • 逮捕術中級
  • 救急法中級
  • 第二級陸上特殊無線技士
  • 警備無線
  • 体力検定A-1級
  • 鑑識検定
  • 各種書類検定(被害届など)
  • 自動二輪
  • 白バイ免許
  • 広報無線
  • 剣道
  • 合気道
  • 大型免許
  • 大型特殊免許
  • 黄免(ミニパト)
  • 手話
  • 潜水士
  • 小型船舶

19歳の巡査も県の警察学校で
拳銃使用資格を取得していたのでしょう。
学校を出てからまだ3ヵ月
ということですからおそらく
初級の拳銃資格だったと思われます。

ただ、初級だろうとなんだろうと
拳銃を使用する「モラル」にかけた
人物でも資格を取得できる環境
がある
というだけで恐ろしい話ですね。

拳銃の操作方法という技術的な
ことでなく、その人物が拳銃を
保持、使用する適性があるのか。

そもそも「警官」として
任職を全うすることのできる
人物なのかというその辺の
見極めこそが大事なのかも
しれませんね。

takuの一言

ということで、今回は
警官が同僚を撃つという
なんとも恐ろしく、
そして残念な事件について
記事にしました。

全国には警察官は29万人ほど
いると言われています。

この全員が「警官」として
「適性」を持ち合わせているかと
いったら、今回の事件のような
ニュースを聞くと、
「?」と言わざるを得ないですよね。

日本国民の安全を守る
立場の警官同士が同僚に
「害」を与えるなんて
絶対にあって欲しくないことですよね。

そこは、警官であっても人間。
完璧な人はいない。いろんな人がいる。
どこにでも危険はあると
いったところでしょうか。

でももちろんこれはごくごく
少数派なわけですから、
ほとんどの警官の方々は
自分の仕事に誇りを持ち、
日々任務に当たってくださっているので
感謝したいと思います。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク